記事一覧

財産としてのマイホームの現実は。

日本独特の流通・売買における非常識にあります。

ローン残債は、たくさん残っているのに・・・自宅の売買評価と残債では

多くの人が「個人資産として債務超過」に。(ローン途中、特に返済期間が残っていれば特に)

アップロードファイル 2209-1.jpeg

土地と建物をセットで、新たに購入する場合を考えてみましょう。
'土地を探して、注文住宅のケース・建売が対象です)

三十年前の不動産バブル崩壊から、現在に至るも

不動産、特に土地の価格は一部の場所以外は下落しています。

例えば土地価格の相場は、購入時の半値。

建物は、30年とすると固定資産税としての評価は、ありますが

市場価格はゼロ」・・解体費を差し引いての取引価格となるでしょう。

半値となってしまっている土地の価格から、さらの多額の解体費が

売却時に差し引かれ、そこから不動産業者へ手数料を支払った残りが

手元に残るわけです。

新規に、土地・建物を購入する場合、よほど頭金がなければ

多額のローンを長期返済で・・となるでしょう。

30年後、上記のような事例に遭遇しないでしょうか。

持家が得、それとも賃貸

家も高額ですが、その次は「車」?

交通の便が良い場所に住む、若い人たちは「マイカー」を

買わなくなったといいます。

カッコイイ車・・・そんなことはどうでもいいのかも。

車を持つことの、負担を考えたらもっと有意義なことに

お金を使うのが、賢い選択なのですね。

住宅も、「マイホーム派」と「賃貸派」のどっちが得か?

そんなことが、話題になることがあります。

新築住宅を「建てる」・「建売を買う」

新築マンションを買う。

賃貸に比べてどっちが賢いのでしょうか。

決定的な違いは、「良い家も、建売も」15年もすると、建物評価はつかなくなる。

時代に合わせていますか?  もっと良い方法は。

右肩上がりで、人口が増え、給与も上がっていった・・・そんな時代は

昔の話。

今は、少子高齢化とあわせて、住宅では「空き家」の増加、

それも人の住まない「空き家」が、環境や防犯から社会問題になっています。

「家は余っている」・・・これは現実です。

住まいを「需要と供給」の視点で見ると、需要が少ないわけで、

それを何とかカバーする手段として、その地域の貸家・アパート家賃で

「マイホーム」が買えるよ・・・同じような小さな新築建売が造られています。

私の住む町の相場は、家賃並みの返済「七万円」程度でしょうか。

土地は30~35坪で建物は30坪前後。

そこには、芝生や植木花壇などはありません。

二台から三台分の駐車場があり、きれいな車が停まっています。

価格は、2000~2300万円ですかね.

それを、何年のローンで返すの?

ハッキリ言って、賢い選択ですか。????

不満があるから改善行動がある

アップロードファイル 2205-1.jpg
若さと時代が「無謀な冒険」を支えたとも言えます。

快適な公団にやっと入居出来たのに・・

上司と些細なことで喧嘩して退職することに・・

職探しは異業種のハウスメーカに・・・

近くの職場で喜んでいたら一年もせずに転勤・・

その後は、転勤の連続でついに転居することに・・・

会社の下取り物件がそれ、その転居先の住宅が劣悪で・・

こうした環境から脱出するためにマイホームを・・・

最初は、状態の良い中古から・・・

身の丈サイズで、ここは最初だから無理はしない・・・

そして時代が後押し・・・

総括すると「運が良かった」・・でも息子の時代は真逆です。

その時代ならではの「マイホーム」を考えると・・・答えはおのずと。

バブル期初期のころだから・・・

土地値で2400万、これに建築費を加えるとかなりの高額になります。

会社の同僚からは「無謀」と言われましたが、若かったからか

実行に移すことにしました。

問題は、土地の購入する資金です。

なぜなら、住んでいる家は売れたわけでもなく、

ローンも支払っていたからです。

二重ローンは組めません。

自宅の売却も、思った金額で売れるのか?

解決しなければならないことが、山積みでした。

しかし、こうした問題のすべてが周囲の人たち好意と協力で、

解決し、念願のマイホームが完成したわけです。

時代は、バブル期に突入し始めていた頃・・・1983年でした。

ページ移動