記事一覧

悪質リフォーム業者のテクニック

アップロードファイル 366-1.jpg

このように人を騙すことをビジネスと考えている悪質業者が,
使うテクニックとして
特に注意しなければならないのは、
「無料点検」ではないでしょうか。

電話や突然の訪問によって行われる、
点検商法の被害者にならないために
「タダほど高いものはない」と考えなければならないようです。

この格言は今の時代、間違いなく有効な言葉なのです。

だって、無料点検というのは、
ボランティア活動をならともかく
ありえないことだと思いませんか。

●●無料・・・という言葉であなたの心の障害を低くして
騙すためのテクニックと考えた方が無難ですね。

一度この手の詐欺にかかると、クモの巣に絡まった虫や蝶のように
悪徳業者の罠から逃れることは至難の業なのです。

                                            

被害を防げますか?

アップロードファイル 2281-1.jpg

実は私も○〇被害の報道を見るたびに同じ思いをしています。
そして、家族にも「絶対騙されたらいけないぞ」とは言ってあるのですが、
いざ自らが当事者となったら、
「100%騙されない自信があるか???」正直言ってわかりません。

何しろ相手は騙しのテクニックを様々に駆使して、
こちらに冷静に考える余裕や時間を与えないようにしているからです。

騙しのテクニックの最大のポイントは
***「パニックを演出する」ことです。

このテクニックは「オレオレ詐欺」だけではありません。
形を変え品を変え、住宅・特にリフォームにおいても使われているのです。

                                        

個人情報の問題

アップロードファイル 2282-1.jpeg

コロナ問題で自粛期間が長くなりました。
日本はお隣の韓国、中国に比べたら
個人情報の問題は、少ない国ですが・・・

昨晩、我が家の固定電話に
「もしもし、リョウだけど・・・」と男から電話があった。
リョウ・・・誰のこと・・・・
すると、「ガチャン」----電話が切られた。

我が家にそんな名前の息子はいない、
そもそも自宅の電話番号は
NTTには登録してない。

この息子の名前と電話番号を載せているのは、「大学の卒業名簿???」
オレオレ詐欺は「個人情報の取得から?」

騙すテクニック

アップロードファイル 2280-1.jpg

インタ―ネットなどの普及で、
様々な情報に簡単にアクセスが
出来るようになりました。
でもこうしたネットを使いこなすのは、主に若い人です。

その一方で、日中在宅している老人世帯はTVが情報のもと。
人との出会いが、無くなったことで
在宅のお年寄りを狙った「訪問営業」が
活発になっています。

人と話すことが少なくなった、住まい手には話し相手になってくれる
営業マンは、良い人に映るようです。

あなたも、新聞やテレビで被害者の話を聞いたり見たりするたびに、
「馬鹿だなぁ・・・、あれだけ報道されているのに何で騙されるのかな?」
こう思ったことはありませんか。
自分は騙されない・・・その過信が危ない危ない!

リフォーム詐欺が、復活・・・あなたは狙われている・・かも

アップロードファイル 365-1.gif
最近、リフォーム詐欺による被害が増えていると言います。
「またか!」
世の中には、人を騙してお金を巻き上げることを
なんとも思わない人がいます。

しかも、始末の悪いことに人を騙す目的で
会社のような組織さえつくり、
役割分担をして巧妙なシナリオを描くのです。

そのあまりにも見事さは、これだけ報道されながら
いまだに騙しのテクニックにひっかかる
被害が後を絶たないことが証明しています。

そして残念なことにこの被害者の多くが、中高年層・高齢者なのです。

ページ移動