記事一覧

在来木造住宅の光熱費・・・・二年目の定期訪問

2010年の三月に入居されたKさんのお宅は、8寸桧の大黒柱を6本も使った和風住宅です。
入居当時は未完成だった、玄関までの通路も庭も出来上がり、
ひときわ目立つ豪邸になりました。
アップロードファイル 864-1.jpg アップロードファイル 864-2.jpg

アップロードファイル 864-3.jpg アップロードファイル 864-4.jpg

光熱費ゼロの家に・・・

・家族    夫婦 子供さんは成人の男女、そしてお母さんの5人家族で
        奥さんはお母さんの介護をしている専業主婦です。
・オール電化住宅
・太陽光発電4kw/h
・木造住宅  工事面積55坪(吹き抜け5坪含む)
 建物も大いく、大人の家族数も多く、在宅介護だったので一般的な生活パターンよりも
 電気の使用は多くなっていると思います。
 (練馬のYさんのお宅も、電気とガスの合計が176,148円とKさんと近い金額でした)     

昨日、二年目の定期訪問のときに頂いたのが、光熱費の集計です。

アップロードファイル 864-5.jpg

クリックして拡大してください。

Kさんのお宅の光熱費分析
1の入居時は床暖房を24時間フルに運転したため電気代が多くなっています。
2は昨年末に一緒に住んでおられたお母さんがお亡くなりになり、自宅で葬儀をしたため
 電気代が多くなっているのだそうです。
3の2011年を見ると支払い電気代179,775円、売電174,000円
        年間の光熱費の収支は▲5,775円の持ち出しでした。
光熱費ゼロになりませんが、それでも電気代は月にタバコ一箱分強で終わったのです。
Kさんのお宅の大きさと家族構成を考えれば悪くない数字です。

これなら、暮らしを変えず、システムを少し変えたらエネルギーは黒字になります。                ↓
(床暖房の熱源を電気ボイラーから床暖房専用ヒートポンプに替え、計画換気を三種から一種の全熱換気にする)
月の電気代は1万円以内ですから、冬場の金額との差は暖房に使った電気代とみなすことが出来ます。
すると、2011年2月の電気代は27,537円、通常時よりも多いのは17,000円程度です。
これの大半が、暖房用のボイラーに使われた電気代、これをヒートポンプにすると1万円以上節約できます。
2010年12月~2011年3月まで4ヶ月間で支払った電気代は90,887円です。
通常電気使用金額は9,000x4=36,000円
差額は54,887円、これが暖房費とみなせます。
これをヒートポンプを熱源にすると5,000x4=20,000円で済むので、換気はそのままでも
34,887円電気代を減らせるのです。
すると、年間の光熱費収支は

「30,000円弱」の黒字になります。

 

一ヶ月訪問

一月末に入居されたKさんのお宅に私とスタッフの三人でお邪魔しました。
どこでもほぼ同じで、たった一ヶ月では家の中は片付いていないのが普通です。
そんなことは百も承知で、いろいろと入居後の様子をお聞きしてきました。
ついでに、家の調査も兼ねてなのですが・・・・
居間の壁や天井、窓、床の温度を測定、北側の洗面所も、人がいない2階も調べた結果
二階が一番低くて、18.5℃、居間の床は21.5℃そのほかもほぼ21℃でした。
アップロードファイル 298-3.jpg
床暖房の熱源となっている基礎のコンクリート部の温度は23℃、暖房のための温水が停止してからほぼ7時間経過していることを考えると、全体に暖かさが伝わっていることがわかります。
アップロードファイル 298-1.jpg アップロードファイル 298-2.jpg
2階の電場遮断工事の調査もして、完全に床面は電場がアースによって遮断され健康に害のないレベルになっています。
建物の中を赤外線カメラ「サーモグラフィー」で温度のばらつきもチェック、優秀でした。
地磁気のばらつき、イヤシロの程度の確認と全ての調査が最高レベルであったことに
改めてスタッフとともに喜んでいます。

二百年住宅「母大樹の家・・日高」 完成・引渡し⑤

アップロードファイル 253-1.jpgアップロードファイル 253-2.jpgアップロードファイル 253-3.jpgアップロードファイル 253-4.jpgアップロードファイル 253-5.jpg

八寸の桧の大黒柱が六本、結構素材にはこだわったよね。

二百年住宅「母大樹の家・・日高」 完成・引渡し③

アップロードファイル 251-1.jpgアップロードファイル 251-2.jpgアップロードファイル 251-3.jpgアップロードファイル 251-4.jpgアップロードファイル 251-5.jpg

明るい日差しが差し込むリビングダイニング。
二階にはもう一部屋は楽に作れる階段ホールに本棚が・・・・ここ以外にも本を収納する場所が造られている。
2階の和室はご主人の書斎、作り付けの書院から眺めると窓の外には池が。
本を読むよりも気持ちが良くて寝てしまいそうですね。

二百年住宅「母大樹の家・・日高」 完成・引渡し①

昨日、建物の引渡しが完了しました。
国産木材を使って建てた「太い柱と梁の見える家」はKさんと家族の10年にもわたる家造りに対する思いがいっぱい詰まった建物です。
玄関は和風の引き戸にしたかったけれど、高断熱・高気密住宅にしたいから断熱気密性能に優れたドアを選ぶしかなかった。
けれども現場が次々と進んでいく過程で、玄関ポーチに引き戸を取り付けるアイデアが浮かんできて、早速それをつけたらどうなるか映像にしました。
「うーん・・・やはりいいね」費用は余分になりますが、それでも当初思い描いた家になるのだからと決断。
造る様子を毎日楽しみに見ていた奥さんも、納得です。
「家造りはとっても楽しいものですね」
「ありがとうございます」
「打ち合わせや木材市場など、何度となく足を運んでいただき私も楽しく家造りを進めることが出来ました」
本当に家造りは楽しい仕事ですね。感謝
完成した家の様子をご紹介します。
アップロードファイル 249-1.jpgアップロードファイル 249-2.jpg
アップロードファイル 249-3.jpgアップロードファイル 249-4.jpg

ページ移動