記事一覧

~幸せの家づくり~ お客さまのお手紙 総集編

「入居した手の頃の・・2010/02/16・・」Oさんから私へのメッセージです。
何回かに分けて掲載したお手紙を、まとめました。

~幸せの家づくり~

人がこの世に誕生して、息を引き取るまでの限られた年月。

何が本当に必要で、何が必要でないか。

何を大切に生きればいいか。

そんなことを考えれば、誰しも大切なものは
'家族``健康``お金`・・・と思うけど・・

まずは家族の健康だと思う。

健康でいるためには何が必要なのか。
必要なお金がある程度見込めるようにするにはどんな状態がベストか。

その答えは`衣・食・住`ではないだろうか。

食・・言うまでもなく大切。生きる源。食べなければ生きていけないから・・・
   厳選したものをきちんと食べれば、血となり肉となる。

衣・・寒いときは温かく、暑い時は涼しく過ごすためにも必要。
   そして、やはり人は見た目で判断される。
   どんな自分にしあげるか。
   どんな自分でいたいのか。人の目を気にする、しないは別にしても
   その人なりが服の好みにも反映されるよね・・・

住・・実はこれが食と同じくらいに生きるためには大切。
   寒い冬に凍えるような部屋にずっといたら?
   ひどい暑い日に、息苦しい部屋では快適に過ごせないよね・・・

でも、1年通して、心地いい環境で過ごせたら?
仕事だってはかどる。
子どもだって、ママにしかられなくても自分から勉強するかも。
ママも怒ること減るから、なんとなく笑顔が増えて
心がまあるくなって、パパもうれしいかな・・・じゃ、夫婦円満だよね。

おじいちゃんは?孫はかわいいけど、お昼寝の途中で
ダイビングされたら心臓に悪い。
おばあちゃんも孫はかわいいけど、でも、たまには
ゆっくりお茶を飲んだり、静かに見たいテレビもあるよね。

そんな気持ち、皆がもっと笑顔で仲良くいるために、
健康で長生きするために、幸せに包まれた家が欲しい。

その思いを胸に抱きながら、展示場、まわるまわる。
工法にはまず、こだわらず。
木造、ツーバイ、プレハブ、まずはなんでも。
セキ○○、イチジ○○、タ○ホーム、あのつぶれてしまった
アーバ○エスティト・・・(これは危なかった!)
へーベル○ウスまで。

だんだん人の話を聞いて、わかってくることがある。
あれ?自由設計、っていうけど、かなり制約があるなー
こんな外壁、きらいなんだけど・・・
こんな窓枠しかないの?
こんな屋根はやだな・・

なんだか気に入らない。
何かが違う。
その間、風水師の先生にも川越まで来てもらい鑑定して頂く。
間取り、家族7人の生まれと吉方位、凶方位。

鑑定内容は自分で勉強してきたものと一致してたので良かったものの、
なんだか高額な水晶を売りつけられそうになって
この先生とはここまでのご縁。
そのあとも書物を読みあさり、ようやく信頼できる先生を見つけた。
その先生がたくさんの本を出版しつつ、お台場にも店舗をもつので
早速足を運び、鑑定依頼。

ここで大まかな間取りの相談をさせて頂く。
7人の枕の位置は大事だ。

携帯電話がバッテリーチャージするように
人だって、寝ている間に、バッテリーチャージする。
寝る時間は一生のうち、相当の時間に値するから
その時間は無駄に出来ない。
寝ている時間にパワーをあげなければ・・・
運をつけるのは寝ている時間。
寝ることにも、うんと幸せを感じたい。
両親や夫にも、うんと幸せを感じてもらいたい。

だから、枕の位置は真剣。
7人の最大吉に枕の位置を入れるのは本当に難しかった。

間取りを微妙に変更する度に、
パートナー建築の渡辺さんには、多大なストレスを与えたに違いない。

ごめんなさい。

本当に本当に彼のおかげで今の家がある。

これは家族、みんなの心に残っている。
 
こうして、風水の本を読みあさり、平行して、建築関係の本も読みあさり
たどりついたのが、以外にも近いところにあった
`パートナー建築事務所`だった。

榎本会長の執筆された数々の本。
かなり読み、その説得力、文書のうまさにはまってしまった。

ああ、この人に会いたいなあ!

そう思って、つい電話してしまった。

なんというか、`家`に対する情熱の度合いが、自分と重なっているような・・・
そんな思いで、ドキドキして電話をした。

優しい女の人の声が対応して下さり、つい
`本を書かれてる方とお話したいのですが・・
とお願いしてしまった。

電話口にでられたダンディな声の持ち主は、後で会長と判明。
テンションがあがって`お会いできませんか?`との質問に
今からどうぞ、と答えてくださった。
            
もう、勝手に`縁`を感じている。
行くしかない。16号を車で飛ばす。信号にひっかからなければ
抜け道で10分弱。6分ぐらいで着くじゃない。

あんなにたくさんのホームメーカーを訪れて、こんな近いところに
あるなんて。
灯台もと暗し。
アルケミストの本を思い出すな~
旅して歩いて探して、一番大切なものは、実はとても近くにある、という話。

素晴らしくオシャレなモデルハウスがたつ事務所に到着。

親切にも榎本会長自ら、家について語ってくださった。
しかも、修正している本の原稿まで頂いてしまったのには、もう感激。

これは、今でも私の宝物である。我が家の家の通路に図書コーナーを
設置して頂いたので、そこに大切に保管されている。

ともあれ、これ以上の情熱と知識とこだわりをもっている人を
私はどこの展示場でも見たことがなかったので
安心してここで家創り(家作り)をおまかせしよう、と決めたのだった。

すべてこだわっていいんだよね。
壁の質、色。
ドア、窓、窓枠、床の色、素材。
もう、頭の中でイメージしてたものが、すべて実現されていく。

取っ手ひとつですら、自分で決めたもの。
トイレのドアノブですら、見ているだけで、幸せを感じれる。

大好きなものに囲まれてるというのは、なんたる幸せ ♪

家作りは家創り。

そうして、無事契約して解体が始まった。

解体工事の人達、いい人だったなあ。
大変な作業でも笑顔だった。親切だった。

基礎工事の人達も、本当に感じよかった。
もう、これで明日からは来ないです、と言われてさびしかった。
完成したら、ぜひうちにお茶をのみに来てください、と母が声をかけていた。

メインの大工さん。棟梁。
この方達の仕事も素晴らしかった。いつのぞいても、黙々と仕事を
して下さってた。

そのほか、水道関係をやって下さった方、話しやすくていい人だった。
電気、照明、そして外構工事。

おいしい料理の隠されたスパイスのように、この家をピリッと
決めてくれた外構。
明日からこないか、と思うとさびしい。

家、1軒。

こんなにも人との縁があり、この方達がいなければ、成り立たず、
そして、`住`によって
ここまで、人は幸せを感じれるのか。

家創りはドラマのようで、
風水を通じて、我儘いっぱいのリクエストを
体力・気力・知力を使って受け止めてくれた渡辺さんに川井さん。

パートナー建築なくしては、こんな満足のいく家は実現しなかっただろうな・・・

2008年2月に、展示場をまわりはじめ、
完成した家に入居したのが2009年12月。

約2年、自分の家に対するこだわり、思いをひとつひとつ形にして
実現してくれた、それが、パートナー建築事務所。

幸せになりたい、健康でありたい、かっこいい家に住みたい・・・

そんな人がいたら、ぜひぜひパートナー建築事務所を
おすすめしたい。

情熱の分だけ、こだわった分だけ、納得の家創り、できますよ、と。

追記
   フランス人の夫が、ぽつりつぶやいた言葉・・・
   `もうフランスに帰る必要がなくなってしまった、と言いたくなるぐらいの
   プロバンスの家だ・・・

   インターネットで画像を見たシャンパーニュに住むフランスの両親の言葉・・・
   `これ、プロバンスにある家じやない?`

完成した様子は「入居者のお宅訪問」44番をご覧ください。

ありがとうございました。
家造りを楽しませていただいているのは、私も一緒です。
Oさんのお手紙の中にあった
アルケミスト・・・
アップロードファイル 947-1.jpg

私も早速、その本を取り寄せて読んでみました。
今は、息子にも・・・
読んでみて、改めて
このお手紙の中に書かれたお気持ちが、
痛いほど伝わってきました。
良い本をご紹介いただき・・感謝します。
そして、これからも末永いお付き合いを。

プロバンスの香り漂う家・・・⑮明るい外観

家造りの話をいただいて、ちょうど一年やっと建物の外観が出来上がってきました。
明るい外観で、そこに住むことになる家族のイメージがはっきりと出ているといっても良いでしょう。
服装も時には車も、それを利用する人の考え方や人生観が現れます。
ましてや注文住宅ともなれば、随所に施主の考え方やこだわりがはっきりとでます。
この家のように「あくまでも明るい」イメージもあれば都市型住宅といわれる「白と黒」を基調にした家もあるわけです。
インテリアについてはどこまでも、本人を含めた家族だけの問題、でも外観は周囲とのバランスも無視できません。
私も建て替え前の家と比べて、圧倒的に開放感あふれる家になったと喜んでいます。
アップロードファイル 291-1.jpg アップロードファイル 291-2.jpg

アップロードファイル 291-3.jpg アップロードファイル 291-4.jpg

アップロードファイル 291-5.jpg

もうスグ完成です。

周囲と比べて一段と明るい雰囲気の建物、フランスのプロバンス地方に住むご主人の家族が「●●●・・・」これフランス語、日本語に直すと「そのままプロバンスの建物だね」といったそうです。
アップロードファイル 226-1.jpg
周囲から素敵な家ね・・・・といわれているこの家の全て、それこそ間取り・外観、設備からカラーコーディネイトまで若奥さんが一人で考えて考えて、考えつくして建てた住まいです。
いったい彼女は何年住宅の勉強をしたことやら、頭が下がります。
(間違いなく勉強したらしただけの家が出来るのです、ということは勉強しなければハウスメーカーの家しか出来ないということですね)

なによりも、色使いが素敵、照明などの小物もセンスがとっても良いと感じる建物に仕上がりました。まだこれからカーテンや家具・絵画など生活用品が搬入されてきます。
そうすると一段とすばらしくなっるだろうと思います。
「家族が健康になれる家」を目指して造り上げたこの家、びっくりするほど風水に詳しい若奥さんのこだわりが随所に見られます。
当然「イヤシロのすみ家」で「エントレ炭の埋炭」「床下エントレコート塗装」「電場遮断のエントレ塗料」そしてエントレ循環システムを家全体で4セット設置してあります。
これから寒さが一段と厳しくなる時期、「低温蓄熱床暖房」が家全体を暖かく包み込んでいくことでしょう。

この家造りを通して、今回改めて「色と健康」について考えてみました。
誰でも自分の好みの色があります。
そして、気持ちに状態によってその時選ぶ色が変わってくるそうです。
また、ゴルファーのタイガーウッズや石川遼君が最終日に勝負服として「赤色」を選んでいるのは良く知られています。
色は建物の中にいる人、そしてそれを身につけている人、見ている人にも大きな影響を与えているのだそうです。
色は光の当たり方などによって、変化します。またそれが楽しいともいえます。
アップロードファイル 226-2.jpg アップロードファイル 226-3.jpg
ところで、見ていただいてある程度お分かりのように、こちらの家では黄色系の色がメーンカラー、寝室だけは薄いピンク系の色でまとめられています。
それぞれこだわったキッチンは一階はホワイト、三階はグリーンとなっています。

アップロードファイル 226-4.jpg アップロードファイル 226-5.jpg
(黄色の特徴は
太陽のごとく、栄光や富、刺激や生活の源。黄色い光は交感・副交感神経を刺激するので
脳の情報処理を促して思考能力を高め、食欲を増進させ、胃液を刺激し、消化を助けたりするそうです。
ピンクのインテリア効果
疲労感を軽減。いつまでも若々しい身体を保つ。

色にはそれぞれの特徴があります。
詳しくは、アイエムカラー心理学を見てください。
http://www.imdoor.com/column/editor4.html

新居で若奥さんが「ピアノ教室と声楽」フランス人のご主人は「英語とフランス語」を教えてくれます。
どちらも環境の良い場所で楽しく学ぶことが出来そうです。

プロバンスの香り漂う家・・・⑭完成間近の内部

アップロードファイル 290-1.jpgアップロードファイル 290-2.jpgアップロードファイル 290-3.jpgアップロードファイル 290-4.jpgアップロードファイル 290-5.jpg

内部の色は三色?
ホタテの貝殻微粉末「チャフウォール」に鉱物を加えてさまざまな色を作っています。

家の全容が見えてきた

足場はすっかりとはずされ、こだわって選んだバルコニー手すりが一部取り付けられました。
アップロードファイル 217-1.jpg
中では引き続き、オーダー収納の取り付けとあわせて塗装業者さんたちが手分けをしながら
ドライウォールの下地作りをしています。
アップロードファイル 217-2.jpg アップロードファイル 217-3.jpg
この下処理がしっかりと出来ていないと、塗装の仕上がりは悲惨なことになります。
ビニールクロスにも同じように下処理はありますが、なにせビニールクロス自体に凹凸があったり絵柄があり、しかも厚みがあるため少々のボードの不具合や下処理が十分でなくても
隠せるのです。
しかし、チャフウォールという塗料は厚み自体が無いので、大工さんの仕事や塗装の下処理は、そのまま仕上がりに直結しているのですから怖いですね。
アップロードファイル 217-4.jpg
3階にはご両親が住むのですが、将来的に車椅子を使うようになっても困らないように、広めのホームエレベーターを取り付けてあります。

ページ移動