記事一覧

「いい家の三つの条件」・・丈夫で長生き

年を取ってくると感じるのは「健康が一番」ということ。
お金がどんなにあっても、健康でなければそれを上手に使いこなすことはできない。
体の自由がきかないのはつらいしね。
出来れば、健康で長生きしたいと思うのは人情だもの。
家だって、その点は同じではないでしょうか。

家の寿命は・・・と聞かれることがあります。
火事や地震などの天災を別にして考えれば
「愛着が感じられなった時かもしれませんね」と応えています。
愛着があればこそ、不具合箇所にを直すでしょうし、経年変化で交換することは
当然と考えます。
でも、こんな家どうでもいいや・・となると一挙に家は傷んでしまうものです。

そうならないようにするには、住む家の日々の手入れを怠らないことです。
庭に雑草が生えて来たら草むしりをする。
出来る範囲で、家をきれいにする努力は、寿命の長い家の条件です。

ところで
「いい家の三つの条件」を挙げるとすると。私なら
健康で長生きすること
家なら

①『丈夫』で『長持ち』

地震や火災にも強く寿命の長い家・・・ローン期間の二倍は欲しいですね。
耐震等級3は確保したいものです。

+地震の揺れを軽減する制震構造でしょうか。

それと、いつの時代になっても
必要とするリフォーム・再生可能な構造材で
造ることです。
ここは、アナログでしょうか。
トヨタ自動車の「ランドクルーザー」は、同じ部品を使い続けているのだそうです。
そして、電子部品の採用をなくしどんな場所でも修理できることを心がけているとか。
最先端を追及するのと真逆な「寿命の長い製品」になるわけがここにあります。
腕時計も、電池式ではなくネジまき式が求められるのは、電池が切れたら使えなくなる
時計と違うから。

家づくりも同じで、ハイテクになればなるほど交換修理が出来ない為
結果として、寿命を短くする気がします。
家の構造も同じで
ハッキリ言うと「木材」が構造材として使われていること。
縄文時代から今日までわが国の家造りは
木材によって造られ続けてきたのですから。

現場造作の風呂からユニットバスに

新しい家では、「ユニットバス」が当たり前。
でも、20年前はまだまだタイルを使って現場で作る
お風呂が大半でした。

好きなデザインタイルを選び、浴槽は人工大理石・ステンレス・FRPなどなど。
バリアフリーという言葉は、ほとんどなく
洗面室から一段下げて、浴室のタイルが貼られていました。

二十年というとそろそろ浴槽も交換時期で、リフォームは
ユニットバスということになります。

既存浴槽を壊してみると、柱や土台回りが腐食しています。
中には構造用合板も・・・
腐食した部分を取り除き、新しい柱や土台に交換する費用も
あらかじめ見込んでおくと良いでしょう。

アップロードファイル 1675-1.jpg

アップロードファイル 1675-2.jpg

お知らせ・・・火災保険

火災保険の更新で
お問い合わせが増えています。

建築して20年、きっと住宅ローンも完済して、
借入時に質権設定されていた
火災保険が、満期になったのが理由なのでしょう。

以前書いた記事を改めて、ご紹介しておきます。

我が家の近くで、住宅火災があり木造の家は全焼し
お隣の家は延焼を免れたものの被害は大きかったです。
乾燥する冬場の火災、他人ごとではありません。

アップロードファイル 865-1.jpg

(木造在来工法も、基準を満たせば「省令準耐火構造」と認定され、同じような扱いなる)

火災保険にも明確に差が出ます。(SAISON/INSURANCE)調べ
条件・・・埼玉県で
H構造・在来木造住宅・2500万円・30年一括払いの保険料は・・295,000円

T構造・2x4住宅は同じ条件で・102,000円でした。

木造の35%程度の保険料です

差額は何と「192,000円」にもなります。

地震保険は1250万円を5年で更新です。

在来木造住宅は94,130円、一方2x4住宅は52,630円となります。

その差額は、41,500円、乱暴な設定ですが
これを6回繰り返して30年掛けたと仮定すると、
なんと249,000円の差額になってしまいます。

火災保険と合計すれば    441,000円お得だということです。

ただし注意してください。
住宅の火災保険はつけるのが当たり前です。

この火災保険は一般的な火災や延焼は保証されますが、
地震が原因となる火災は保証されません。
(ここは勘違いする人が多いといいます)

だから地震保険は、
地震の被害と地震による火災に対する保険として
かけておいたほうが安心です。
(ただし住宅火災保険の半分が補償の限度です)

ちなみに、建築地や建物の構造で保険料は大きな差があります。

同じ木造でもツーバイフォー工法は在来木造の50~60%程度と割安です。
(こうした保険金額の差は設定にもよりますが、ビックリするほどです)

火災保険をかけるときに『枠組み壁工法・ツーバイフォー』だと伝えないと、
木造住宅の
火災保険で加入させられてしまう恐れがあります。
建築確認許可書のコピーをつけて、
省令準耐火扱いに必ずしてもらってください。

今年もよろしくお願いいたします。

お正月休みも昨日まで。
本日より仕事です。
9日も休んでいたので
正直言って、まだ休みの感覚が
残ったままです。

それでも、新鮮な気持ちになれる
お正月明けは、嫌いではありません。

新鮮な気持ちで、作業日誌も更新したいと思います。
今までのように、現場状況をご紹介するだけでなく
もっと広い視点で、ランダムに書けたら・・・

戦後70年の節目。
住宅に関しても、何か象徴的な年になる気がしています。
はて、どんな年になる事やら・・・・・
出来れば、世の中が明るくなってほしいものです。

今年も後わずか、新年が明るい年になるといいね。

一年は、早いとつくづく感じる今日このごろ。
あんなことも、こんなことも・・・いろいろあったけれど
家族や周りの人が、健康で過ごせたことに感謝。

新しい年は、戦後七十年目。
団塊世代のトップの私にとっても、節目なのかもしれません。
最近つくづく思うのは、改めて
「健康」が一番。

その為にも、
教養・・・今日、用がある。
教育・・・今日行くところがある。
これが必要だと言います。

心に波風を立てずに、穏やかな日々を、送ることこそ
本当に豊かな生活なのかもしれません。

あなたにとっても、良い年末であり
そして、新しい年が幸多い、明るい年になりますように。

改めて、今年一年ありがとうございました。
そして、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ページ移動