記事一覧

素材を吟味し、職人の腕が見せる家

アップロードファイル 252-1.jpgアップロードファイル 252-2.jpgアップロードファイル 252-3.jpgアップロードファイル 252-4.jpgアップロードファイル 252-5.jpg

続きです。

素材にこだわる・・・和風の家

和室は、使われる材料の質とあわせて、職人の腕がハッキリとあらわれるものです。

ここでは、吉野桧の柱・無垢の秋田杉天井材・日光杉の床柱、素材にこだわりました。

建具職人が材料を吟味して作った建具は、青々とした畳とマッチしています。

リビングの吹き抜けを、いっそう魅力的にしている桧の大黒柱と桧の梁、

玄関から順番に見ていきます。
ただし、キッチンやユニットバスなどは完成品ですから映像には取りませんでした。
アップロードファイル 250-1.jpg
アップロードファイル 250-2.jpg
アップロードファイル 250-3.jpg
アップロードファイル 250-4.jpg

冬は地熱プラス温水で「床暖房」

春と秋は・・・「三種換気」に。

夏と冬は・・・「一種換気」に
アップロードファイル 1839-1.gif アップロードファイル 1839-2.gif

一年中安定している床下地熱を活用する「エコハウス」ですが
基礎コンクリートに温水パイプを前もって配管して
基礎コンクリートの耐圧盤を、床暖房蓄熱層として活用します。
アップロードファイル 1839-3.jpg
アップロードファイル 1839-5.jpg
地熱の温度に「少しだけ加熱」する。
これだけで、一階床面が温度差のない床暖房になります。
アップロードファイル 1839-4.jpg
温水は床暖房専用ヒートポンプを使って作りますが
同じ温水がパイプ内部を循環するだけなので
温水温度も「44~63℃」と低温なので、電気代も
あまりかかりません。

夏、床下地熱の活用で省エネ生活

夏,床下の温度は、外気と比べて
一日中冷たく安定しています。

この床下の空気を、室内に循環させて
過剰な冷房に頼ることなく
省エネ住宅にします。

アップロードファイル 1838-1.gif
午後二時、外気と床下温度の差が大きい。また床下温度は時間帯に関係なく
安定している。

アップロードファイル 1838-2.jpg
夏の換気は・・・

室内のエアコンで冷やされた空気は、床下の排気機械に
繋がるパイプによって、各室の
排気口から室内空気を吸引することで、各ドアのアンダーカットから
室内に導入します。

アップロードファイル 1838-3.jpg

アップロードファイル 1838-4.jpg

アップロードファイル 1838-5.jpg

汚れた空気は、どこから排出するの?

空気の入れ替えには、「取り入れ口」と
外に排気する「出口」が必要です。

アップロードファイル 1837-1.png

家を建てるときに、どこからどんな方法で
換気がされるのか、気にかける人はほとんどいません。

アップロードファイル 1837-2.jpg

でも、ホコリや臭い、汚れた空気の排出は
家族、それも小さな赤ちゃんやお年寄りにとって
健康管理にも、影響するのだといいます。

アップロードファイル 1837-3.png

汚れた空気は「床から・・」が答えですね。

ページ移動