記事一覧

入ってくる臭い・出る臭い・家の中の臭い

臭い・・・それは生活を営む以上、避けては通れません。
そこで『外から』『中から』『中で』と三通りの臭いについて
改めて身近な問題として、自宅をイメージしながら
一緒に考えてみませんか。

計画換気が当たり前になった新築住宅、
その家庭の排気はそのまま隣家の新鮮空気になっているかもしれません。

その排気される空気と共に我が家の臭いも・・・・時にはクレーム要因になりかねません。

ところで今の住まい一番強い臭いといえば調理時です。
お宅では台所の換気扇はどこに向いていますか。

隣家の窓や玄関と近いところにあると
今晩のおかずがわかってしまうこともありますね。
その家庭の好きな料理も・・・

我が家の台所換気扇は、東隣の家に向かってついています。
そのお隣は西にキッチンの換気扇が着いています。
(台所の換気扇はお互いに向かい合わせについている状態です)

お隣との空間は水平距離にして1.8㍍、
家と家の囲まれた細い通路を北から南へ風が吹くと
東南の角についている我が家の玄関では・・・・今晩のおかずがわかるのです。

(我が家かそれともお隣かは家に入ってみないとわかりませんが)

数年前までは私は台所換気扇の下でタバコを吸っていました。
この煙草のにおいは、きついですね。
吸った人が近くに来ると、すぐにわかります。
また、犬の散歩時に道路に漂う煙草の臭いも・・・
禁煙して、タバコのにおいが
空気中に漂っているのが良くわかりました。

この煙草に関しては
お互い様・・お隣も吸っていたから・・

家の臭いを外に排出する出口としては、
このキッチン換気扇のほかに
トイレ・バスルームに
計画換気の排気口があります。

家を建てるときには、近隣の間取りや窓の位置を考えながら、
臭いが近隣との余計なトラブルにならないように工夫をしてみる
価値があると思うのですが。

お隣の間取りは家に入ってないのでわからない・・・***

ところが意外なことに外から隣家の間取りがあらかたわかるものです。
窓の大きさ・窓の高さ場所・換気扇・格子・などから
家の間取りが透けて見えている・・・
それが我が国の家づくりの現実です。

おそらく、あなたも90%以上の確率で近隣の家の間取りはわかるはずです。
このことについては、機会を見つけて取り上げてみたいと思います。

設備器具・近隣への配慮と騒音

我が家の裏・北側はお隣の南側、東西南北の開きスペースに
エアコンなどの室外機や設備を置くときは、お隣の間取りを
少しだけは考慮したほうが良いと思います。
「高断熱高気密」の住宅は、家の中で発生する音の問題が
ある反面、外に音が漏れることはすくないし外部の音が入り込む
事もありません・・・という前提が可能な家の場合ですが。
その分、外部で発生する音が聞こえないので外にある
我が家の設備器具が出す音に不感症になり安いのです。
周囲の家が、完成した家と同等の防音構造なら良いのですが
そう都合よくはいきません。
そこで
近隣との人間関係を波立てないために「住宅設備器具」の設置場所・
騒音に神経を使う必要があります。

エアコンの室外機、エコキュートーの室外機、タンクなど外部に設置する
器具があります。

隣家との間にブロックなどの塀があれば「騒音的には有利ですが」
室外機の置く場所としては、適切ではないことも考えられます。

敷地図面に間取りと軒先線を入れて、あわせて近隣の家や
塀などを考慮しながら、打ち合わせを進めておけば
そんなバカな・・・ということは少ないものです。

アップロードファイル 1404-1.jpg

工事中の近隣からの苦情には・・・

新築中も何かと近隣への配慮が必要です。
工事の時間帯は何時から何時まで・土曜日日曜日は?
工事用車両の駐車問題、もちろん音も・・・
隣家のご家族が受験時期だったら・・・
など、神経を使うことが多々あります。

また、今まで住んでいた家を建替えるときは、その周辺とのこれまでの
人間関係がどうだったか。
これが結構ポイントで、工事中の近隣クレームの隠された要因でもあります。
もちろん、どんなに親しかったとしても建て替え時の挨拶は重要です。
建築工事に関する挨拶は業者同様に、建主からもきちんとしたいですね。

工事中の近隣クレームにはさまざまな原因があるように
入居後のクレームもちょっとしたことが原因になります。

自社で家は建てないの?・・・実は

建築会社を経営しているのに、自宅は30年前のミサワホームの家なの?
こんな疑問をお持ちになったかもしれません。
何も寒いのを我慢して、古くなった家に住まなくとも
快適な自社の家を建てれば・・・てね。

今でこそ、我が家の築年数は日本の建て替えの平均寿命になりましたが、
あまりにも寿命の短い家に疑問を感じていたし、まだ20年にもならない家を
壊すことは考えもしませんでした。
それにミサワで建てた時に
快適に過ごす家にするためやれることを
すべてやったという思いもあり、愛着もありました。

しかし、自社で我が家を建てたい・・・これは個人的にありました。
そこで、2000年に我が家をがんばって建てたのです。
玄関やホールには収納を多く取り、使いかって優先の家です。
でも
広々としたリビングに本物の薪ストーブのある家。
朝は、朝日のはいる気持ちの良い温室でモーニングコーヒーを。
これが、我が家です。
そこはまさしく我が家として使う予定だったのですが・・・建てた場所が悪かった。

本社の敷地に建ててしまったものですから、住まないまま
モデルハウスとして使うことに。
妻は、すっかりおかんむりです。
せっかくその家に飾る予定で購入しておいた絵や、小物。
今は、モデルハウスになった我が家に飾られています。
アップロードファイル 1403-1.jpg

アップロードファイル 1403-2.jpg

アップロードファイル 1403-3.jpg
騒音は・・・国道16号の大型車両の通行料が多いけれどその音は
ほとんど気になりません。
アップロードファイル 1403-4.jpg

アップロードファイル 1403-5.jpg
内部は・・・住めなかったのでわかりませんが、主寝室は床をカーペットにして
歩行音は聞こえなくしてあります。
リビングの吹き抜けに面した窓は、遮音性能の高い外部に使う
断熱樹脂サッシにしています。

自分の住まいよりも「ビジネスを優先」しなければならない立場ですから
仕方ないとあきらめて、会社から小額の家賃をもらっています。

我が家の騒音対策とその成果は・・・2

1階・2階の床パネルのベニヤが薄い・・・構造用合板をすべての床に上貼り
2階床パネルは巾910㍉の半分455㍉に変え床の剛性を
高め、防音ゴムを敷き詰めてその上から合板を貼り、フローリングで
仕上げる。
1階天井は2階の床パネルに石膏ボードを直接貼るのを(太鼓と同じで音が響く)
床とは別に天井専用の下組みをして中にロックウールを挿入して石膏ボードを
二重に貼っておきました。

子供の部屋も私の寝室も天井勾配なりの部屋、天井が無いので
お互いの音が気になります。
そこで、間仕切壁には外壁で使う断熱材入りのパネルに変えます。

外部の音は当時はまだ少なかった「ペアガラス」でなんとか・・・

では、その効果は・・・・
やはり上からの音は響きます。
外部の音、特に
我が家の上は入間基地のコースに近く飛行機が飛んでいるときは
テレビも良く聞こえません。

では、やっても意味が無いのかと聞かれると
やっていなければもっとうるさい家になっていただろう・・・これは確信を持っています。

床材を柔らかくて歩行音などを吸収してくれる厚手のカーペットなら
もっと静かだけど、ホコリアレルギーを持つ子供達がいるので
使えません。
音よりも「家族の健康が一番」ですから。

ページ移動