記事一覧

家づくりのキモは・・

アップロードファイル 1956-1.jpg

家造りで求めることは、多々あります。
外観デザイン・インテリア・夢のあるキッチンなどの設備・
長持ちする家・地震災害・火災に強く家族の命を守ってくれる住まい。等
こうした要素を、しっかりと求めたうえで、加えて

・健康に良い家とは・・・それは「室内の空気がきれいなこと」と
               家の中の温度・湿度に大きな差がないこと。
・省エネ住宅とは ・・・それは将来的にも維持管理が安く、冷暖房・換気の
               電気代や部品交換などの消耗品が安いこと。

この条件のすべてを満たすのは、日本の四季・地域性を考慮した
                     「換気システム」にあります。

なぜ換気システムなのか?
健康というなら内装仕上げ材ではないのか?

その化学物質の内容は様々ですが、住宅で使われる素材は、
一定の条件を満たしたものが使われています。
程度の差ぐらいなら、換気がしっかりと出来ていれば
問題はないと考えてよいのでは。・・・ただし化学物質に過敏な人は話が違いますが。

究極の省エネを求めて…費用効果もね、

アップロードファイル 1955-1.jpg

その効率の良い省エネ冷暖房方法は、しっかりした省エネ住宅なら
基礎の空間も含めて、せっかく冬は温めた空気・夏は涼しくした空気を
捨ててしまう普通の家づくりをしないことです。

これから家を建てるなら、暖かくした空気・涼しくした空気とともに
快適な湿度を共に回収する、そんな家造りです。
汚れた空気だけを捨てて、フィルターを通したきれいな空気を室内に
取り入れて、温めた空気・涼しくした空気と一緒に建物の中を
循環する換気の仕組みを作れば済みます。

当社は、コンクリートの基礎に温水パイプを埋設して「蓄熱低温水床暖房」を
造ってきました。
しかし住まいの省エネが進みんだ現在、改めてこの方法を見直してもよさそうです。
なぜなら、
「密閉基礎」+「床下利用の第一種循環換気システム」
          そして・・・・究極の「高断熱・高気密」住宅だから・・・
アップロードファイル 1955-2.jpg
もっと簡単に、もっと設置費用も安く、ランニングコストも少なく、
家計にも優しく、家族全員の健康にも役立つ建物が出来るはずです。

床下の体積は・・・部屋にすると?

アップロードファイル 1954-1.jpg

床下が家の中・・・この床下の体積はどのくらいあるでしょうか。
エアコンなどで、木造住宅の場合は6~8畳などと目安がある、あれです。
基礎の面積が「10x10m」・・・100㎡で基礎の内部空間の平均が0.40mとすると
基礎内部の体積は40立方m。

部屋の内部の天井の高さが、平均的な2.4mとすると
部屋の広さは16㎡・・・10畳間の体積同等でしかも窓もない
密閉されて断熱・気密空間です。

これなら、特別なことをしなくても床下は寒くない
快適な空間にすることが出来ます。

夏と冬  外気温度と床下土間表面の温度

その建物の建つ土地の地中温度は、その地域の年間平均気温と
同じといわれています。
埼玉県川越なら15℃前後でしょうか。

アップロードファイル 1953-1.jpg

この温度をベースにして、建物の室内環境を考えていきます。

本来、基礎断熱気密の家では、外気と床下の温度は
どれだけ差があるでしょうか。
グラフをチェックすると

例えば、八月の平均値
外気温 27.8℃      床下土間表面温度  24.1℃

一階居間の室温     25.6℃

室内が床下の温度で湿度が50% そして室内の空気が動いていれば
極端な話、過剰なエアコンは不要かもしれません。

おなじく 一月の平均値
外気温 2.5℃       床下土間表面温度  17.7℃

一階居間の室温    18.9℃

耐えきれないほど寒くはないですね。
床材の下・・基礎空間は表面温度と同程度で
足元は冷たくありません。

普通の基礎・・床下通気の住宅は床仕上げ材の下に構造用合板、そして大引きの間に
         挟み込んだ断熱材になっています。

アップロードファイル 1953-2.jpg

アップロードファイル 1953-3.jpg

         その下は、外気温の2.5℃の冷たい空間です。

断熱材の性能や厚みによって、足元から冷気が伝わってきます。
大引きや合板・床仕上げ材は床下の温度を伝導熱で室内の
持ち込んできます。
居室の中で一番暖かくしたいのは「その足元」です。
足元さえ暖かければ、室内空気の温度は19℃前後でも、不快ではありません。

より快適な住宅にするなら、この床下空間全体を温めて
足元「床暖房」にしたらいかがでしょうか。

床下・地中のエネルギーを!!!

アップロードファイル 1951-2.jpg

基礎工事の在り方・型枠の設置・特殊金物・断熱処理と給水排水の
接続穴の処理まで、変わってきます。

ところで、基礎が変わると・・・でしたね。
こんなことが可能になります。
基礎の中は家の内・・・とすると、自然の持つ再生可能エネルギーを
              365日安定して住宅に取り入れることが出来ます。

太陽光パネルのように、製造に要するエネルギーを使うこともなく、
建物解体時に、自然に負荷をかけたり撤去・処分費用の心配はありません。

その建物の建つ土地の地中温度は、その地域の年間平均気温と
同じといわれています。
埼玉県川越なら15℃前後でしょうか。

アップロードファイル 1951-1.jpg

この温度をベースにして、建物の室内環境を考えていきます。
本来、その周囲の住宅の地中熱も同じなわけですが
外部として基礎の中を扱う基礎構造は、この地熱を活用することが出来ないのです。