記事一覧

狭山市に「すずらん保育園」工事中・・二階床・外観の一部

冬は寒いけれど、工事に影響する雨の日が少なく
工事は順調に進んでいます。

アップロードファイル 1808-1.jpg

二階の床が出来て、個々を作業スペースにした
二階壁の立ち上げ作業が、進みます。

アップロードファイル 1808-2.jpg

屋根の手前まで来ると、建物の外観が
見えてきます。

アップロードファイル 1808-3.jpg

狭山市に「すずらん保育園」工事中・・一階壁の取り付け

一階の床・・プラットホームが完成しそのうえで工場から
現場に搬入された「2x6壁パネル」をクレーンで
吊り上げ取り付けていきます。

アップロードファイル 1807-1.jpg
AM 8.30
アップロードファイル 1807-2.jpg
AM 8.31
アップロードファイル 1807-3.jpg
AM 8.42
手慣れた大工さんの手で、それこそ手際よく次々と壁が
作られていくのは、気持ちの良いものです。

アップロードファイル 1807-4.jpg
AM 10.03
アップロードファイル 1807-5.jpg
AM 11.56

狭山市に「すずらん保育園」工事中・・一階の床・断熱

建物が大きくて、しかも工期が限られている
工事現場、それだけでも大変なのに
首都圏では完全に職人が不足しています。

このような条件をクリアするには「工場であらかじめパネル化する」
そうです、プレハブ化して機械で作業を進めるのが一番です。

これらは「工場でパネル化」され、各工程に合わせて現場に適宜搬入されてきます。

アップロードファイル 1806-1.jpg

アップロードファイル 1806-2.jpg

狭山市に「すずらん保育園」工事中

昨年の春から進めてきていた「すずらん保育園」の工事が
始まっています。

外観のイメージは「所沢で建てたプロバンスデザインのモデルハウス」
建物の規模は、500㎡弱と大きいので、どこまでイメージを踏襲できるか
試行錯誤してきました。

アップロードファイル 1805-1.jpg
モデルハウス外観

アップロードファイル 1805-2.jpg
すずらん保育園の当初のイメージパース
春の訪れと保育園をまとめてみました。
その後、一部変更もありました・・・

基礎工事
アップロードファイル 1805-3.jpg

アップロードファイル 1805-4.jpg

資産になる家を入手して…

三年の転勤予定が半年ほど伸びましたが、札幌へ戻ることになりました。
札幌のマンションは、関東のように共有通路がありません。
(うんと古いマンションはありますが・・・)
管理人の常駐しているエントランスから入り、各階の二世帯に一つ専用エレベーターが
設置されています。(各二世帯に階段も上下についている)

エレベーターを降りるとその階の二世帯専用の
ホールがあり、それぞれの玄関に入る仕組みです。

長男の住まいはすべての部屋・南と北に窓があり明るい間取りです。
お隣は、南道路・西道路・北が外部に面し、西面は緑豊かな公園にも。
広さも、90㎡超えで今までのスペースよりも20㎡以上広い。

そんな、部屋の売却情報が引っ越し前のゆとりある時にタイミングよく
得られました。
価格も、今まで住んでいたところと同等ということなので、ラッキーでした。
子供たちも大きくなり、家具も多くなっていたので広いにこしたことはありません。
貸している家賃で、隣の部屋が手に入るなんて信じられない。
こんなこともあるのですね。
エレベーターを下りたら、その先は長男家族の専用スペースみたいなもの。
最初の、持家選択が良かったからと思っています。

アップロードファイル 1804-1.jpg

マイホームを持つことは、まさしく「夢」です。
ただ、一国一城の主になる・・・といわれた40年前の時代とは違って、
土地は毎年値上がりする、そんなことはありません。
むしろ、年々資産価値が減額していく時代です。
だからこそ、あらゆることを想定しながら堅実な選択を
していただきたいものです。
新築と決めたら、中古と決めたら、その次に何が大切なのか
間違えないで進めてほしいと思います。