記事一覧

地震に強い家・・・2x6工法の家づくり①

日本中いたるところで、地震が起きているのは
列島全体が地震の活動期に入ったからだとも言われています。

この2x6工法は別名「プラットホーム工法」とも言われています。
1階の床を作り、そこを現場工場として1階の壁を立ち上げて次に2階の床を作っていきます。
2階の床も同じように壁などを造る作業場所となるため、安全で効率的な建築が出来るわけですね。

アップロードファイル 788-1.jpg アップロードファイル 788-2.jpg
1階の床が完成          壁を造っています      
アップロードファイル 788-3.jpg アップロードファイル 788-4.jpg
最初の壁を建てました。     壁が連続していきます

地震に強い家・・・2x6工法

地震に強い家「2x6工法」
家を床・壁・天井の六面体で造っていく建物です。
まず基礎の上に『剛床・プラットホーム』を造りその上で壁を作成して組み立てていきます。
アップロードファイル 777-1.jpg アップロードファイル 777-2.jpg

アップロードファイル 777-3.jpg アップロードファイル 777-4.jpg

エコキュート―の魅力  4

アップロードファイル 1861-1.jpg

例えば、残湯量が少なくなったときに
湯を沸かしてタンク内にお湯を追加する『沸き上げ』といった機能があり、
お湯が切れることが無いような対策が取られています。

家庭の光熱費の約1/3を占める給湯コストを見直すことで
光熱費を大幅に削減できるのです。

なんとなんと、一ヶ月の電気料金は1000~1500円程度です。

(電気を蓄電する代わりに、家庭で使う大切なお湯に変えて
蓄える・・・しかも光熱費まで下げられるわけです。)

これは今までの電気温水器やガス瞬間湯沸かし器など、
今現在あなたが使っている機器と比べると1/10になっていませんか・・・
寒冷地でも使えるようになりました。
(一般地域・・最低気温が-10℃まで、寒冷地-20℃まで)

エコキュート―の魅力   3

アップロードファイル 1859-1.jpg

一般的なタンク容量は370ℓで(300~400ℓを越えるものもあります)
給水温度9℃、貯湯温度80℃の場合、使用するお湯の温度を42℃とすると
使えるお湯の量は「約650㍑」にもなります。
(お風呂のお湯はり1回約180㍑、シャワー1回80~100㍑、洗い物、洗面、30㍑/人・日)

四人家族ならば一日に使う湯量は十分に賄える容量です。
とはいえ、来客があったりして、ときには大量の湯を必要とする日があるかもしれません。

そんなときでも、給湯機には湯切れは許されません。
そこで、タンク用量の確保だけでなく、運転方法にも様々な工夫が凝らされています。

エコキュート―の魅力 2

アップロードファイル 1858-1.jpg 安価な深夜電力を⇒お湯という形に変えて「貯める」 電気をストレートに貯めるリチウムイオン蓄電池と異なり お湯に変えて『貯めて使う』ここがポイントです。 エコキュートーは、ヒートポンプユニットと 貯湯タンクの二つの機器で構成されます。 あらかじめお湯を貯めておくので、蛇口をひねると すぐにお湯が出るという便利さがあります。 一方、貯めたお湯よりも多くの量を使う場合、 途中で湯がなくなってしまう"湯切れ"を心配される人がいますが、 当然のことながら、湯切れ対策はとられています。