記事一覧

『令和の時代』の家造り・・シロアリ対策の紹介

コンクリートを耐圧盤・立ち上がりを、別々にしない為に、
外周部を除いて、型枠を浮かせ、コンクリートを一挙に打設する。
こうして継ぎ目のない『一体基礎』を造れば・・・シロアリは出ない?

確かに、基礎は継ぎ目からシロアリが侵入することはない、けれど
基礎コンクリートには、耐圧盤に配水管・給水管などが地面を通じて
出ています・・・ここが、シロアリの侵入口になる。
(基礎内部の排水口も同じ)
アップロードファイル 2160-3.jpg
そこで、こうした部分からシロアリが入れないように、処置をします。

アップロードファイル 2160-1.jpg

アップロードファイル 2160-2.jpg

「令和の時代」の家造り・・密閉基礎の問題は?

一般的な基礎は・・・
 アップロードファイル 2159-1.gif
 アップロードファイル 2159-4.gif
アップロードファイル 2159-2.jpg

コンクリートの継ぎ目が全くない「密閉基礎」は
基礎の鉄筋と一体となり、大切な建物をしっかりと支えます。
地震、地面の揺れを全て受け止めなければならない基礎は
丈夫が当たり前だから。
一体基礎は、専用ヒートポンプによる「温水暖房」と
床下循環システムの「一種換気」を
併用することで、夏涼しく、冬は暖かく、
きれいな空気と快適な生活を
もたらしてくれます。

一体基礎には、解決しなければならないことが、いくつかあります。

シロアリ浸入をさせない・・・床下漏水時の「排水口」

アップロードファイル 2159-3.jpg
地面の湿気対策として
「地面をビニールシートで覆う」、「コンクリートを打設する基礎」は、
漏水時や、床下浸水時の「排水対策」が、必要です。
そこで、排水口を各所に設置するわけですが・・・???していない現場はどうするのかな、
排水口が、地面からシロアリが侵入する場所とならない工夫が、必要です。

「令和の時代」の家造り・・基礎 {完成}

基礎断熱材・・・・・断熱材は、防蟻処理されています。
           防蟻処理していない、断熱材を使っている
           現場がありますが、シロアリの侵入口になり危険です。

モノコック基礎・・・コンクリートは、底盤と立ち上がり基礎を
           継ぎ目なく一体に仕上げていて、
           一般の基礎の問題を、解決しています。

一般の基礎基礎・・・・・・大多数は、耐圧盤コンクリートを
           先に仕上げて、その上に型枠を組み
           立ち上がりの基礎を打設しています。
           この場合、耐圧盤と立ち上がり部分は
           接合部があり、基礎鉄筋の腐食の原因や
           シロアリの侵入口になります。

アップロードファイル 2158-1.jpg

アップロードファイル 2158-2.jpg

アップロードファイル 2158-3.jpg

アップロードファイル 2158-4.jpg

アップロードファイル 2158-5.jpg

「令和の時代」の家造り・・・常識を変える{基礎とは}

床下は住宅内部空間として造ります。
「冷暖房の考え方・仕組み」とともに
「計画換気」のあり方そのものを変えていきます。
家の中に綺麗な気流が循環している、
そう家中の「空気を循環」・・く゜るく゜ると回す仕組みを作ります。

ほとんど「見たことも聞いたこともない」
基礎と換気そして冷暖房も含めての考え方です。
では順番を追って取り上げていきます。

まず、基礎施工の工夫です。
アップロードファイル 585-1.jpg
砕石を十分に転圧します。
アップロードファイル 585-2.jpg
地面の湿度を防ぐビニールシートを伏せこみます。
アップロードファイル 585-3.jpg
鉄筋を配筋
アップロードファイル 585-4.jpg
外周部の鋼製型枠内に白蟻処理済みの断熱材を取り付ける
アップロードファイル 585-5.jpg
鋼製型枠内に断熱材・鉄筋の上に床暖房用の温水パイプ取り付け・
外周部以外の型枠の下は
特殊専用金物で型枠を浮かしてある。
これが、耐圧盤と立ち上がりを一体化する工夫です。

「令和の時代」の家造り・・基礎から{シロアリ対策}

基礎に通気のための、パッキンや換気口は作らない。

なぜ?
基礎にも、「省エネ」「健康」「快適な生活」を満たす大切な
役割があるから。

*この基礎でなければできない「家造り」が
*あります。

他の基礎と比べてみて・・・
打ち継ぎがないので強度も気密も高くなり、
外部からのホコリの侵入を防ぎます。
(密閉した基礎空間です)

そして基礎の耐久性能も増します。
シロアリ対策として
内外に「白蟻処理のされた断熱材」が取り付けられ、
基礎の内部の熱を逃がさなくします。

アップロードファイル 2156-1.jpg

アップロードファイル 2156-2.jpg
(桧の土台と基礎の間には気密パッキンが入っていて、
基礎空間の気密を保ちます)

これから、シロアリの繁殖・被害が増える季節が始まります。
基礎造は「シロアリ対策」そのものでもあるのですが・・・

こんな疑問は?
床下換気は?

万一水漏れしたら?

シロアリ対策は万全なの?