記事一覧

基礎は建物を支えるだけではない・・・

アップロードファイル 1983-1.jpg

アップロードファイル 1983-2.jpg

給水管・給湯管・排水管は基礎の底部から床下に先行配管されるのですが、
この配管を通じてシロアリが進入してくることがあります。

この部分と基礎内部の排水口も白蟻の進入路、
薬物に依存せずにシロアリ進入を防ぐ工夫を施しています。

アップロードファイル 1983-3.jpg
合わせて
健康被害を防ぐ、特殊な防蟻剤を新築時に散布しておけば
安心です。

基礎はタダ建物を支える役割だけではなく
健康に良い省エネに優れた
蓄熱低温水床暖房や全館計画換気システムにも
重要な役割を果たします。

基礎断熱・気密とシロアリ対策

アップロードファイル 1982-1.jpg

基礎外部に使われる防蟻断熱材は、
コンクリートの中性化につながる二酸化炭素や酸性雨から
基礎をしっかりとガードし、一体成型されたコンクリートは、
打ち継ぎがないため基礎の強度が確保され水や

シロアリの浸入を許しません。

アップロードファイル 1982-2.jpg
基礎と土台の間に気密パッキンを挟むことで
基礎の内部空間を気密化します。

これが、次元の異なる計画換気や
地熱利用の家づくりに不可欠になります。

土台・大引きに使うのは「ヒノキ」です。

ツーバイフォーに使われている
防蟻処理した土台は使いません。

高気密・高断熱・防蟻対策・換気も・・欲張りな基礎

現在の基礎は「布基礎」または「耐圧盤基礎(ベタ基礎)」がほとんどです。

じつはこの基礎はシロアリや雨水の浸入を許す可能性が高いのです。

なぜならば、どちらもベースまたは耐圧盤と立ち上がりの基礎を
二回に分けて打設するため、

基礎コンクリートは
継ぎ目が発生します。

これは、強度の低下を招きシロアリや雨水の侵入を
完全に防ぐことは出来ません。

アップロードファイル 1137-1.jpg

ベースと立ち上がりのコンクリートは別々に造られていて、
一体化していないのが基礎の現場を見るとわかります。
(基礎の下部に横線のあるところが打ち継ぎ部分)

これを解消するには耐圧盤と立ち上がり部分を
継ぎ目を造らずに打設する必要があります。

一回で基礎を造る工法の採用と合わせて
高断熱高気密・シロアリ対策・全館計画換気・冷暖房も
この基礎が大切な役割を果たします。

地熱を利用する家造・・基礎 1

家造は「基礎」から始まる。

①基礎は建物の構造によって変わっています。
布基礎といわれるものと・・・ハウスメーカーの鉄骨や木造軸組に多い。
基礎の内部には防湿コンクリートや防湿シートを敷設します。

アップロードファイル 1981-1.jpg

アップロードファイル 1981-2.gif

アップロードファイル 1981-5.jpg

②地盤からの湿気を防ぐ耐圧盤を造ってその上に立ち上がりを打設する「ベタ基礎」
この場合打継が発生するので「雨水などで鉄筋がさびないように対策が・・・」

アップロードファイル 1981-3.gif

アップロードファイル 1981-4.gif

基礎のほとんどが、床下通気をとる工法です。
通気をとることは、ベタ基礎であっても「地熱利用」はできません。

地熱を活用して「一種換気」を冷暖房に活用するには・・・

「高断熱・高気密の基礎」を造ることから始めなくてはなりません。

床下に存在する空気を利用するには
有害な構造材や防蟻剤は使えない・・・これらに変えてシロアリ被害から
住まいを守る対策は・・・

地球の地熱を我が家に取り込む家

アップロードファイル 1980-1.jpg
どんな土地でも
床下に常に存在している「地熱」を利用したら…
例えば
 「蓄熱床暖房の魅力」 
  他の床暖房比べて圧倒的に設置費用や
  ランニングコストが安い、室内の花粉やホコリを巻き上げない
  体の芯から温まる健康的な暖房が可能になります。

地熱利用する家造の勧め

家の真下にはその土地の年間平均気温に相当する
地熱が存在します。
年間を通じて埼玉県の川越では15~16℃。
この安定して存在する地熱を家づくりに取り込むことで
冬には床暖房・夏は床下冷風を室内に循環させ
環境にやさしく快適で工事費とランニングコストも
家計にやさしい家造が可能です。

この家造は一般的な家造りと二点において
異なることがあります。
1,基礎断熱の採用
2,床下から空気を取り入れる一種換気で
 吸気パイプは使わず排気のためにパイプを
 活用していること。

その理由は・・・次回