記事一覧

具体的な計画とは・・

アップロードファイル 2237-1.jpg

息子家族が、スキー旅行中にトマムのカタログで・・・

理想としては、遅くとも10年以内で返済を
終わらせたい・・・そうなると借りる額やその間に
起きる出来事、結婚式や旅行、などの費用も
倹約しなければならないね。

こうして具体的な物件情報を、集め始めました。
ターゲットは「中古マンション」

そこそこ便利で環境も良く
予算的にも家賃並みの返済を組める価格。
知識がないので、無理と思う理想を描いています。

家はいつ買う・・・早いほうが

アップロードファイル 2236-1.jpg

彼らは、何事にも計画を立てて前に進むタイプです。
家賃を払うくらいなら、購入したほうが・・・
一人の時のアパート暮らしは、狭く安い所でも
よかったが、二人で働きながら暮らす部屋は、
職場までのアクセスがよく、広さも・・・
そこで
どんな家を買うか?

「背伸びしない」
「無理な計画は立てない」
「転勤もあるので、貸すことも・・」

貸すとなると、郊外の戸建てはダメ。
交通の便やその場所の家賃も調べて。

家賃で借入返済が賄える範囲の計画を組み立てる。

返済は前倒しの計画を。

暫く共働きで、借りたお金の返済をする。

絶対に避けたいのは?? 負債になる家

アップロードファイル 2235-1.jpg

家は「資産」ですか?
資産か、それとも「●〇」

一つの事例・・息子のケースです。
今年で結婚20年になりました。
娘が二人、15歳と12歳。
札幌の会社に就職して、アパート暮らしから
2年後にスキーが縁で今のお嫁さんと
1年後に結婚予定、その時までに
あわせて新居を検討しました。
27歳、早すぎることはありません。
避けることは「家が負債にならないこと」
そうです
負債にならない家を求めて
今後の生活も前提にした計画です。

自分次第で決められることは・・

アップロードファイル 2234-1.jpg

不動産を購入するとき「立地」がとても大切です。
駅に近いとか、環境とか、いろいろと求める
要素はそれぞれです。
でも、求めた後の家族構成の変化
生活環境のことも
「想定」すると、今欲しいと思うものが
ベストではないかも。
例えば新築しか頭になかったが、中古も検討してみると
選択肢が多くなります。

自分が住む・・と言う考えを例えば「人に貸したら」
家賃で返済可能なのか?
バランスの良い「資産」はいろいろなことを
検討してこそ求められるはず。

ただ望む条件に合う不動産があるとは限りません。
相手のあることですから・・・

でも、これだけは言えます。
望む条件に合う不動産があれば
動ける準備は自分の意思で決められる。

いつ買うか?
心構えと、方針が明確ならタイミングを
見計らうことが出来ます。
絶対に避けたいのは??

初めての不動産購入・・・2 環境の変化で・

アップロードファイル 2233-1.jpg

私や家内は「団塊世代」
息子たちは、「団塊ジュニア」世代です。

バブルは知らないので、きわめて金銭感覚はシビアです。
しかも、大学卒業は就職氷河期にまともに当たる世代でした。

思うようにいかない就職、二人ともあきらめて大学院・
専門学校で2年学ぶことになりました。

こうした経験が影響したのでしょう

初めてのマイホーム選びの違いになりました。

長男はアパート代がもったいない・・・早く家を買う。
親と住む 次男は別に急ぐ理由もない・・・だけど家賃相当額は蓄える。

就職時の住まい環境が、最初に家を手に入れる
年齢の差に表れました。