記事一覧

エントレ炭埋設

アップロードファイル 279-1.jpg
ポンプ車から圧送された生コンクリートを、型枠に流し込みながら攪拌していきます。
アップロードファイル 279-2.jpg
型枠をはずし基礎が完成しました。
アップロードファイル 279-4.jpg
アップロードファイル 279-5.jpg
基礎をつくる過程で使うユンボは、「イヤシロチ」のためのエントレ炭を埋設する穴掘りに活躍します。
一メートルも深く穴を掘るには機械を使うのが一番簡単です。

最初に敷地の調査をしたとき磁場も計りました。
とてもよい土地という判断をしたのですが、Tさん家族はエントレ炭の埋設をしたいということで
炭を6袋使っています。
これによって、よりいっそうすばらしい土地になっているはずです。

土地の素性が気になる・・イヤシロチてなに? ③

イヤシロチ(弥盛地)の歴史

戦前戦後を通して軍部や産業界において、
その能力を高く評価されていた楢崎皐月氏が
「静電三法」という著書の中で「弥盛地」という言葉を紹介しました。

戦時中、満州において鉄の精錬に携わっていた楢崎氏は、
同じ材料・同じ方法で精錬しているにもかかわらず、
優良品ばかりできる溶鉱炉と、
なぜか不良品ばかりできる溶鉱炉があることに気づきました。

調べていくうちに、樹木が青々と茂っている場所と
優良品のできる場所、
荒地と不良品ばかりの場所に相関関係があることがわかりました。

言われると気になる家相・風水について・・・3

最初は気にしなかった人でも、一度言われると

どいうわけか「家相」『風水』などやたらに気になる・・・

そういえば朝のテレビでも、星座占いみたいなことを

放映していますね。

もちろん書籍や雑誌でも、多く取り上げられているので

その影響もあります。

一方、これらは迷信だよ…とか胡散臭い話ととらえる人もいます。

確かに大安とか吉日などは科学的に証明されたものではなく、

その根拠は希薄です。

アップロードファイル 1605-1.jpg
大安吉日はお正月の初もうでのように一年に一度だけ

神社仏閣で手を合わせる行為に似ていなくもありません。

しかし、家相・風水は昔の人の知恵であり、

現在の統計学のようなもの。

科学では証明されていない・・けれど、世の中には数多くの知恵が

存在しているのだと、とらえてみてはいかがですか。

昔から「よくないよ、悪いことが起きるかもしれない」とされていることは

避けるのに越したことはないはずです。

しかし、それも程度問題でがね…

家づくりの現場で遭遇する????も、結構あるので。

アップロードファイル 1605-2.jpg
「家族がみんな健康で幸福に暮らしたい」その願いをかなえるツールとして

こうした家相や風水をとらえてみますと…また違った側面も見えてきます。

言われると気になる家相・風水について・・・2

私は普段の生活で大安とか仏滅などを気にすることはありません。

しかし、そんな私でも何か特別なこと・・・少なくなりましたが。

結婚式とかのお祝い事をしたときは、大安・吉日を選んできました。

普段はまったく気にいないのに、なぜですかね。

不思議です。

大安吉日は、結婚式場もホテルも普段に比べて

利用料金も高くなるのに。

これらには
金銭で天秤にかけられないことがあるから。

例えば結婚式を大安吉日ではなく仏滅を選んで、

何かあったら困るし、もしもの時は(最近確率高いぞ…)

「仏滅に結婚式を挙げたから、だから…」などと人に

言われたくないし。

一生の伴侶との記念すべき式典なら当然です。

では同じく一生に一度の
「家づくり」ではどうでしょうか。

年齢を問わず土地・建物の契約日、地鎮祭は
さすがに大安を選ぶ人が大半です。

アップロードファイル 1603-1.jpg

では、土地そのものを選ぶときや間取りや外観を決めるときに

『風水』や「家相」は気にしているでしょうか。

気にする人はとってもこだわります。

でも、「気にしないから…」という人も結構いるのが事実です。

しかし・・・この間取りトイレの位置や玄関位置が「鬼門」にあたりますが・・・

と言われた途端に、やたらと気になってしまうものです。

建てた後から、親せきなどから「あそこの家の玄関位置は…鬼門だよ」

何かあった時に、「だから…」と言われたら

気になって気になって住み続けることが、イヤになることでしょう。

そうならないために、最低限必要な知識は知っておいたほうが良いかもしれません。

ページ移動