記事一覧

初めての不動産購入・・・1

アップロードファイル 2232-1.jpg

大昔に、方・荘・号・字・丁と言われた
住まいの変遷。
時代とともに、死語になっています。
私のマイホームは、まさしく上の言葉のまま。
そんな環境で、大きく育つた二人の息子。

それぞれの、わが家を振り返ってみます。
長男・次男の住まい環境は大学時代から
違いました。
大学の場所の関係でアパートに入った長男。
自立して暮らすことを、当たり前と思っているのでしょうか。?
家族から自立する??
早かったですね。

変化に対応できる住まい。

アップロードファイル 2230-1.jpg

住まいは生活の変化に耐えられますか。
家族とともに、長い生活を支える住まい。
幼稚園から始まる子供の学業。
いろいろと心配や、お金も掛かりますね。
子供の成長と反して年老いていく親の姿。
衰えていく体力、病気・・
仕事における環境の変化や、転勤。

こうした出来事に住まいは負担になっていませんか。
ローン負担が、変化に足かせになるなんてことも。
貸家に住みつづけるなら、こうしたことで悩むことは
ありません。
ただ、転居先で新しい学校になれなければならない
子供たちの負担は、ありそうですね。
「新築持家」それとも「借り家」
だけでない方法を、探してみませんか。

住まいの変遷に備えるなら…

アップロードファイル 2229-1.jpg

新築を33年間で873棟建てさせていただき、お客様には
今もメンテナンスを通じて親しくお付き合いいただいています。
この年月の間に、売却・転勤・他の理由で自宅を
手放した方が、100軒??

寂しですが、これも現実です。
住まいを解体して2世帯住宅を建てたのち、親子の関係が・・・
そんなことは、考えたくもありませんが現実は
厳しいです。

昔から、スープの冷めない場所に子供がいるのが
良いといわれています。
令和時代はますます、空き家が多くなる。
それなら、近場に良い古屋を見つけるのも
悪くないと思いませんか。
こうすれば、
家族の変化に柔軟に対応できるはずです。

家はリスクと考える。

アップロードファイル 2228-1.jpg

個人同士の古屋の購入なら、(仲介)なら、土地建物には、消費税は
掛からない。
20年経た家なら、ほぼ土地値だから建物を見る目や、
なぜその家が良いのか、目的が明快ならベストの選択だと思う。

そもそも家の値段も消費税もなく、土地の値段またはプラスαで
住めるし、新築のようにローン債務に悩むこともない。

今、土地の価格も例外はあるけれど、安くなつている。
リスクを避けるなら、選択肢としてこれがベストでは???
家族の変化や、人生においてお勧めしたいのは

身の丈サイズの家」

それが転勤や転職などの生活環境の変化でも
柔軟に対応可能ではないですか?

最悪なのが、消費税

アップロードファイル 2227-1.jpg

当たり前の話ですが、消費税は痛い。
10%て2000円の家なら200万も払わなければならない。
200万円を貯めるのは、大変なのにいとも簡単に、取られて
しまう。
大きな家や2世帯住宅のように設備の多い家は、
家の価格も高くなる。
住まいの生涯に占める総費用の中で、考えるとしたら
余分な支出はないほうがよい。

全てに掛かる消費税でも、例外があります。