記事一覧

中古住宅購入して「再生」工事を・ ・14

アップロードファイル 2082-1.jpgアップロードファイル 2082-2.jpg

台風の被害はありませんでしたか?***

強風のため、屋根の被害が多いようです。

設備の撤去は、粗大ごみの回収が
伴います。

現場でまとめてから、専門の業者さんに
処分を依頼します。

養生用のビニールや、剥がしたクロスなど
廃材は結構出ますね。

中古住宅購入して「再生」工事を・ ・13

作業手順は、施工しない場所は汚さないように
ビニールシートで、しっかりと養生してから
クロスの場合は、壁クロス、天井クロスを剥がし
石膏ボードの下地を補修してから
新しいビニールクロスを、貼っていきます。

アップロードファイル 2081-1.jpg

和室の塗り壁は、新たに塗りなおします。

アップロードファイル 2081-2.jpg

中古住宅購入して「再生」工事を・ ・12

下地の調整や補修の開始。

アップロードファイル 2080-1.jpg

リビングの勾配天井は、合板に白の塗装をして
イメージを一新します。

アップロードファイル 2080-2.jpg

一階は、新しい化粧台を取り付けるため、
大きな洗面化粧台を撤去しています。

アップロードファイル 2080-3.jpg

配管工事のため、床に作業用の開口部を。

アップロードファイル 2080-4.jpg

合わせて広いお風呂場も・・・取り壊します。

アップロードファイル 2080-5.jpg

中古住宅購入して「再生」工事を・ ・11

改装前の仕事・・養生
結構大変な作業です。

今回の家は、延坪数が50坪弱と大きいのと
勾配天井があるので、内部に現場で作業用の
足場も作ります。

アップロードファイル 2079-1.jpg

アップロードファイル 2079-2.jpg

アップロードファイル 2079-3.jpg

アップロードファイル 2079-4.jpg

中古住宅購入して「再生」工事を・・・10

画像で見ると分かりますが、結構手入れがされてきた
住まいです。
それでも、新たにこの家に住むのなら
内装と設備の一新をしたいもの。

でも、何もかもするとなると「費用が心配」です。
現場をチェックしながら、優先順位を決めて
見積もりをしていきます。

工事途中で、やりたいことが追加になるケースもありますが、
あらかたは、費用としてみているので、大きな追加にはならない・・

工事の手配が終われば、現場での作業開始。
(中古住宅は、空き家状態で工事するので、工期も短く、費用も安く済みます)
なによりも、住みながらの工事にある+++生活ストレスがありません***

アップロードファイル 2078-1.jpg

アップロードファイル 2078-2.jpg

アップロードファイル 2078-3.jpg

「養生から」スタートです。
地味な映像ですが、これがしっかりとしていないと
綺麗に再生はできません。