記事一覧

地震は・・・

アップロードファイル 1123-1.jpg

東日本大震災から6年半、メキシコで二度にわたって
大きな地震が発生しました。

建物の倒壊の映像を見ると、本来は安全であるはずの
ビルさえも、一挙に崩れ落ちています。
あれでは中にいた人の、生命は・・・
我が国では、市役所や学校などの公共建物については
耐震性の確保が、進められてきました。
あわせて「地震予知」が研究されていましたが
最近は「地震予知は出来ない・・・」と認識されてきたようです。
だとしたら、
より一層「減災対策」が緊急の課題となります。

建物の耐震性や火災に強い構造、分電盤の電流カットなどと合わせて、
電柱の地下埋設などやることはたくさんあるはず。
まずは、身の回りの点検を・・・

悪質業者の決まり文句とは

アップロードファイル 1929-1.jpg
2x6工法によるビルトインガレージ施工中

この仕事はひどいね…雨漏れするかも…などなど工事業者による
台風シーズンの決まり文句はこれ。

「他人や他社を悪く言って、脅かす」
当社のお客様から「隣で外壁をしている業者から、お宅の屋根が・・・」など

当社にも、業者の発言から心配して、電話がかかってくることが多くあります。

特に、これから秋から冬になると・・・

昨日も、隣の外壁をやっている塗装屋さんが、
「お宅の外壁にポツンと錆が付いている。」・・・
などの指摘があったと、電話がありました。

外壁に錆が出る原因は、中からなのか、それとも外からのもらい錆なのか、
中から出る要素は、ほとんどないのですが、とても不安な様子・・・それは脅かされたらね。

とにかく台風明けてから現場に行って、調査することにしました。

こうして電話があれば、対処が可能ですが、間違っても指摘をした業者に
依頼しないことです。
最初は安く・・・そして次から次へと追加工事・・これは、バカ高く。

知らない業者からの電話や訪問は無視することが一番よいのです。
「話をしない」「ドアを開けない」こうして撃退することが一番よさそうですね。

悪質リフォーム業者のテクニック

このように人を騙すことをビジネスと考えている悪質業者が使うテクニックとして
特に注意しなければならないのは、
「無料点検」ではないでしょうか。

電話や突然の訪問によって行われる、点検商法の被害者にならないために
「タダほど高いものはない」と考えなければならないようです。

この格言は今の時代間違いなく有効な言葉なのです。

だって、無料点検というのはボランティア活動をならともかく
ありえないことだと思いませんか。

●●無料・・・という言葉であなたの心の障害を低くして
騙すためのテクニックと考えた方が無難ですね。

一度この手の詐欺にかかると、クモの巣に絡まった虫や蝶のように
罠から逃れることは至難の業なのです。

                                            

リフォーム詐欺が、復活・・・あなたは狙われている・・かも

アップロードファイル 365-1.gif
最近またしてもリフォーム詐欺による被害が増えているという新聞報道です。
「またか!」
世の中には人を騙してお金を巻き上げることをなんとも思わない人がいます。
しかも、始末の悪いことに人を騙す目的で会社のような組織さえつくり、
役割分担をして巧妙なシナリオを描くのです。

そのあまりにも見事さは、これだけ報道されながら
いまだに騙しのテクニックにひっかかる
被害が後を絶たないことが証明しています。

そして残念なことにこの被害者の多くが、中高年層・高齢者なのです。

インダネットなどの普及で、全く知らない人や情報に簡単にアクセスが
出来るようになりました。
その一方で、日中在宅している老人世帯を狙った「訪問営業」が
活発になっています。
人と話すことが少なくなった、住まい手には話し相手になってくれる
営業マンは、良い人に映るようです。

あなたも、新聞やテレビで被害者の話を聞いたり見たりするたびに、
「馬鹿だなぁ・・・、あれだけ報道されているのに何で騙されるのかな?」
こう思ったことはありませんか。

実は私も被害の報道を見るたびに同じ思いをしています。
そして、家族にも「絶対騙されたらいけないぞ」とは言ってあるのですが、
いざ自らが当事者となったら、「100%騙されない自信があるか」正直言ってわかりません。

何しろ相手は騙しのテクニックを様々に駆使して、
こちらに冷静に考える余裕や時間を与えないようにしているからです。

騙しのテクニックの最大のポイントは
「パニックを演出する」ことです。

このテクニックは「オレオレ詐欺」だけではありません。
形を変え品を変え、住宅・特にリフォームにおいても使われているのです。

昨晩、我が家の固定電話に
「もしもし、リョウだけど・・・」と男から電話があった。
リョウ・・・誰のこと。ガチャン電話が切られた。
我が家にそんな名前の息子はいない、そもそも電話番号はNTTには
登録してない。
この息子の名前と電話番号を載せているのは、大学の卒業名簿???
オレオレ詐欺は「古すぎませんか?」

                                         つづく

枠組み壁工法とは・・・・ツーバイフォー? 6

・天井まで8メートルもある吹き抜けリビング

高断熱高気密住宅だからこそ価値のある吹き抜け、
室内にこの吹き抜けがあることで
温度差のない家造りが可能になりました。
(高断熱・高気密以前の住宅の常識は・・ドアは閉める、吹き抜けは暖房効果が最悪)
家の中を部屋ごとの冷暖房空間として考えていたわけです。
でも、これからの住宅は家全体を、一つの空間とするので
壁や、仕切りは空間の温度差を作る弊害となります。
アップロードファイル 1928-3.jpg
吹き抜けのある家では・・リビングに階段をつけ、
家族のコミュニケーションを大切にしたい奥さん。

アップロードファイル 1928-1.jpg

ご主人は、吹き抜けの照明を落とし「ストーブ」に薪をいれて、
その炎の揺らぎを見ながら好きな曲を聞きながら一杯、
それこそ憧れだった至福の一時です。

アップロードファイル 1928-2.jpg
クリスマスには、家族でクリスマスツリーを飾り付けます。
そんなシーンも見られなくなりました、それだけに
子供たちにとっては、素晴らしい思い出になるのでは・・・