記事一覧

春はすぐそこまで・・と共に花粉の季節が!

アップロードファイル 1974-1.jpg

二月の中旬・・・バレンタインディが過ぎると
春が近くなる気がしませんか。
暖かい日と寒い日が交互に続き
体調管理が、大変です。

インフルエンザが一段落すると、埼玉は春風と共に
赤土を巻き上げて「土埃」が強くなります。
その土埃とともに・・・スギ花粉が!
今までは花粉症には縁のなかった私も
昨年から症状が出るようになりました。

隙間だらけの家はもちろん、気密の良い家も
換気装置によっては、室内に花粉を入れてしまうことを
ご存知ですか。

冷暖房効率・結露などはもちろん「花粉症対策としても」
これから建てる住まいの換気システムを見直してみませんか。

健康に良い家づくり・・・ドライウォール

自然素材で内装仕上げ・・ドライウォールの塗料に

アップロードファイル 1973-1.jpg

アップロードファイル 1973-2.jpg

養殖した帆立貝の中身を取った後に残る膨大な貝殻は、
生産地で産業廃棄物扱いで山のように積み上げられています。

この貝殻を新しい資源とするために長年研究開発した結果、
貝殻を高温で熱し微粉末にした『チャフウォール』が生まれました。

チャフウォールは住む人の健康にとって必要なさまざまな能力を持っています。
・湿度を吸収・放湿して結露を防止すると共に、
・家庭のペットの臭いなどを吸着分解をし、しかも
・ドライクリーニング材や家具などから放散される有害物質など
 空気中に拡散された有害物質を吸着分解します。

なにより産業廃棄物になってしまう養殖ホタテの貝殻を活用しているので、
地域の活性化にも役に立っています。

しかもこれだけではありません、
万が一の火災のときに
・「住む人の生命を守る」そんな防火性能も優れています。

家族の健康に良い家を・・・仕上げ素材の選択

家族の健康に配慮するなら???

アップロードファイル 1972-1.jpeg
壁や天井の仕上げを「ドライウォール」という方法も。

ビニールクロスではなく、健康に害を及ばすことのない
塗料を使って、仕上げる方法がアメリカのツーバイフォーで
当たり前のように、採用されています。

メンテナンスを、業者に依頼せずに自分で
するのが当たり前の国だから、汚れたり、イメージを変える際に
簡単な塗装仕上げが常識なのですね。

アップロードファイル 1972-2.jpg

実は日本のように壁に石膏ボードを貼る際に
「縦貼り」するのと違って、「横に貼る」ことで
ボードの継ぎ目が横一線に一つだけで済み
継ぎ目のパテ仕上げが簡単になるからです。
同じように見える工法なのに、全く違うのは
日本独特の法律があるから・・・・

その家造で家族の健康を守れますか?

アップロードファイル 1971-1.jpg

工事が簡単・メンテナンスも容易・費用もそこそこ・・
しかも、好みの内装に仕上げることが出来る。
それが、今家づくりの主流として
大手ハウスメーカーも、当たり前のように使う「ビニールクロス」です。
工事をする会社側からすれば、お客様の要望を満足させたうえ、
施工も簡単で
工事の工期も読めるし、完成後のクレームも少なく
「工事原価も安い」・・・お互いにこんなに良いことはない???
だから、「ビニールクロス仕上げ」に疑問に思うこともなく
採用されています。
他の選択肢を工事業者から紹介されることは
ほとんどない・・・これが現状です。

しかし、中には家族の健康に深刻な問題を抱えている家族や
不安を感じている・・そんな家族もいます。
一時期ほど話題にならなくなりましたが
≪シックハウス≫   《化学物質過敏症》は解決したのでしょうか。

たとえ小さな健康へのリスクであっても
避けたいと考えて、行動する・・・様々な情報を調べるのも
親としての責任ではないでしょうか??

火災に強い・・・1-8家内装仕上げ材は!

内装仕上げ材の性能と費用・・・防火性能に優れたクロスも

アップロードファイル 592-1.jpg
普通住まいの内装仕上げは「ビニールクロス」です。
壁や天井の仕上げ材の面積は、床面積の5倍くらいに・・・
面積が大きいだけに、建築費に占める割合も大きいのです。
家を建てる施主の立場としては
「デザインやガラも豊富で」「費用も安く」「掃除などのメンテナンスが簡単で」
「防カビ・消臭機能や防火性にも優れている」そんな要望が
あっても、欲張りとは言えませんね。
でも、全ての機能を満たすクロスはないかもしれません。
だとしたら、施工費用の問題と合わせて「防火」性能に
的を絞ってみたらいかがですか。