記事一覧

中古住宅の査定とは・・

中古住宅の流通が、少ない理由は日本人特有の
「新築神話」か゜あります。
人が使っていた家よりも、ピカピカの新築が良い・・・当然です。
でも、住宅には建物そのものの品質と言うか、性能の違いがある。
これを正しく評価する人や、仕組みが出来ていない・・・だから「築年数」でしか
判断できないのでは。

中古住宅を、取り扱うのは「不動産業者」
住宅建築よりも、土地や中古の売買が仕事の中心になります。
結果的に、中古の住宅の見極めは難しいので
わかりやすい基準・・築年数で判断することになります。
だから良い住宅も建売と同じような大差のない評価しかしていません。

これからは、建物の評価が出来る人や会社に、判断してもらい
賢い住宅取得につなげたいものです。

アップロードファイル 1885-1.jpg

資産になる、それとも負債なのか、我が家の選択

アップロードファイル 1884-1.jpg
「資産になる家」を目指す。
長男の住まいは、購入時は築十五年の中古大規模マンション。
その当時は、周辺の新築マンションの価格と比べると「半値」
だとしたら、
それから14年・・29年にもなった、マンションの現在の価格は?
驚くことに
購入時よりも、市場価格は高くなっています。

2011年坪55万が今は坪67万になっています。
新しい住居も市場価値は、購入時よりも高い状態です。
結果的にローン支払いは、賃料で支払いその半分は余剰収入になっています。

最初のボタンを掛け違わない***
そうすれば、本当の資産に・・・***

築十五年経過した新築マンションの中古相場は、新築時から
大きく減価しているのが普通だとすると、なんと三十年経っても
相場が高くなるのには、理由があるでしょう。

需要と供給の問題です。
そして、不動産取得の三つの重要な項目と言えば

一に「ロケーション」
二に「ロケーション」
三に「ロケーション」と言われています。

戸建て住宅となると、求める条件が違うかもしれません。
例えば土地の広さや環境、学校や病院、駅に近いかどうか・・・
勿論無理のない予算も。

省エネ基準と、換気システム

家を建て替える・・・その理由として古いとか、使いにくい、とか理由は様々。
その中に、「隙間風、結露、夏は暑くて冬は寒い」と言うのがあります。

これから造る家は、こうした要素を解決してくれるはずですね。
夏冬とも、暑さ寒さ対策として「断熱材」をしっかり詰めて
隙間風もいれないように、建物の「気密」を高める。
こうすれば、外の騒音も、家の中からの音も防ぐし、
暖冷房も効きが良くなり、快適になったうえに
光熱費の少ない「省エネ住宅」が、完成します・・・
アップロードファイル 2127-1.jpg
この気密性能の高い家・・・だからこそ健康のために
「換気が義務付けられた」
建築確認の必須条件になったわけです。

換気システム
この、換気システムをどのようにするかで、家の構造やコスト、住み心地が
決定的に、違ってきます。
どんなシステムなのか、確認する必要かあります。
ほぼ、90%は簡単な「三種換気システム」と言われるものでしょう。
そのシステムの良い点と、欠点を知っていないと…こんなはずではになりますよ。

省エネ基準
それと、国の定める「地域別の省エネ基準」を満たせば良い・・・は要注意です。
なぜならば、時代とともに基準は厳しくなるものだから。
ではどうする・・・現在の一番厳しい基準を参考にすれば良い。
工夫がいりますが・・・

外気は、新鮮できれいと思いますか?

三月半ば、これから明るい春が・・
テレビの天気予報では「スギ花粉」の飛散情報が、流れています。
今年は昨年に比べて、とても多いというのですが、
首都圏では「花粉症」で苦しんでいる人は、二人に一人・・人口の半分とか。
いつから、ここまでアレルギーなどが多くなったのか。
日本人が「虚弱体質」になってしまったのか、それとも環境の
影響なのか。
ある日突然、症状が出た・・という人が多くなりました。
人並みにというか
私も、二年前から花粉症の、お仲間になってしまいました。
改めて、
住まいと、家族の健康・・なかでも、室内の空気質について考えてみませんか。
アップロードファイル 2126-1.jpg
・「シックハウス」とは、病気になる家のことでした。

住宅の建材や内装材に含まれる、有害な化学物質によって
健康を害する人が、多発したことで大きな問題となったのは
20年以上前のことでした。
その後、使われる建材にも制限が加わったのですが、
考えてみれば誰でもわかること・・・
家を建てた後、購入する家具やカーテンなどや身の回りのものに、
有害な物質は含まれていないのでしょうか。

住宅と同じように、規制されているのか・・・私は勉強不足でわかりません。

リフォームは

リフォームブームは、本当なのか。
アップロードファイル 2121-1.jpeg
今はリフォームが、テレビなどでも取り上げられていますね。
手ごろな予算で生活を新鮮にできるため、ちょっとしたブームになっているようです。

このブームとして取り沙汰されたものほど、一過性になりやすく、
後々に「ひずみ」を残す傾向が強いのは、いつの時代も変わりません。

大部分のリフォームが、見える部分だけに手を入れる、
小手先の行為となっていませんか。

家づくりやリフォームを行う前によく考え、将来的な計画をしっかりと立てた上で、
行動しましょう。