記事一覧

いい家づくりへの疑問・・ 家づくりのキモは? 4

「第一種・熱交換顕熱換気」は
設備費・施工費が高くなるのが
選ばれない理由。
それと、地味な設備だから???
建築業者も、そこは触りたくないから・・・
(家づくりの姿勢が、換気システムに表れているので)

でも、住んだ後で三種換気と比べる機会さえあれば、
快適な生活・心地よい生活を求めるのが
家づくりの目的とするなら、一種が良いと感じるはず。
住むには
一年を通じて温度もさることながら湿度が人の快適な生活に影響します。
三種換気は
冬は、乾燥した空気が入りせっかくの湿度は外に捨ててしまう、

これでは
風邪もひきやすくなり、敏感肌のかたには問題があります。
建築会社の人は、ほとんどが「換気システム」の違いは
詳しく説明してくれません。
デザインやキッチンなど、誰でも興味を持つことに
あなたとご家族が、興味を持っていると分かっているからです。

一歩下がって冷静になって、換気にも興味を抱いてください。

入居後に、換気システムの選択に失敗したと、
後悔しても「後の祭り」ですから
十分に考えて選んでください。

いい家づくりへの疑問・・・ 換気システムの選択 3

アップロードファイル 1743-2.jpg
我が家の近く、入間で航空ショーが
昨日ありました。
基地の近くは人が多すぎるので、入間川の河川敷で
ブルーインパルスを・・・

アップロードファイル 1743-1.jpg

同じ3種換気であっても空気の汚れていない場所の換気は少なくし、

人の集まっている場所や台所作業中は自動的

外部の空気を多く入れる仕組みの

換気設備もある。

少し高いけれど、このほうが省エネで
快適だと思うね。

いい家づくりへの疑問・・・換気システムの矛盾 2

今日から11月、今朝の川越は結構冷えてました。

アップロードファイル 449-3.jpg
人は縮こまる季節到来だけど、我が家の愛犬。
黒芝「サクラ」は、これから元気になります。
寒い季節が好きなので・・・

健康住宅は
家づくりにあたって、まずは病気になる素材を使わない???

アップロードファイル 449-1.jpg
今造られている住宅では
化学物質の使用は安全レベルに規制されているはず・・・
それなのに、一年中・・・換気をするのはなぜ。

一年365日、一日に12回も

家中の空気を外気と入れ替える「計画換気」の設置義務・・一時間に0.5回だからそうなる。

本当にそこまでしなければ危険なほど、室内の空気は汚れているのだろうか。?

換気をするということは外気と一緒にいやな花粉も、

べたべたした湿度も、車の通りの多いところでは汚い空気も・・

まだある??騒音も問題だ。

外部の騒音も穴を開ければイヤでも家の中に入ってくる。

家の話し声も筒抜けかも。

世の中省エネが叫ばれているにもかかわらず、せっかく高いお金を使って暖めた空気も、

涼しくした空気もみんなみんな12回も捨てるのだ。

これでは、快適な家づくりのための様々な取り組み、

高断熱・高気密も価値を失わせるだけなのではないか。

こんな矛盾に大手ハウスメーカーや建築業者は気がついているはずなのに、

冷暖房効果を無駄にする「第3種換気の家」を造り続けている。

熱を回収してロスを少なくする「第一種換気システム」があるけれど

絶対的に価格が違い過ぎるので、あえて簡単でコストの安い三種が主流になっている。

これが現実に建てられている大半の新築住宅の現場の姿。

いい家づくりへの疑問??  1

アップロードファイル 448-1.jpg

健康によい快適な住まいは省エネでしかもエコロジー。

そんな家を造りたいと、今まで
試行錯誤の繰り返し、その結果なんとなくわかったことがある。

家造りに関しては
断熱や換気・構造材などなど、どれ一っとっても多くの本が書けるほど、
内容が濃くしかも専門性が高い。

そんな専門的なことはわからなくとも、いい家は建つ。

例えば
せっかく多額の費用をかけて「高断熱高気密住宅」にしたのに
<ナゼ>外壁に孔を開けてしまうのか・・・冬は寒くて夏は暑い、
その上、騒音ばかりかいやな臭い、そしてホコリと花粉も入ってくる。

シックハウス「病気になる家」を防ぐだけなら
お墨付きを得た建材や自然素材を使えば
室内の空気は、換気を365日、一日に十二回も入れ替える必要はないはずです。

そもそも省エネ、エコロジーを考えたら
今の家づくりは超矛盾の固まりではないだろうか・・・

高断熱・高気密・・だから窓と換気を。

一日の中で、10℃をこえるような
温度差がある、そんな日々が続いています。

もうすぐ、11月。
地域によっては、暖房を必要とする季節到来ですね。

これから家を建てる・・それなら高断熱・高気密の住まいは
当たり前ですね・・・ただし「程度」の差はありますが。

①窓が命***

断熱気密に関していえば、断熱材の差はともかくとして
何といっても・・・一番大切なのは「窓」です。

Ⅳ地域・・東京の場合
せっかく温めた室内の空気、
どこから外部に逃げてしまうかというと、

アップロードファイル 2091-1.jpg

アップロードファイル 2091-2.jpg

アップロードファイル 2091-3.jpg

なんと「窓」から・・・58%***

壁は・・・15% 換気も・・・15%

床は・・・7% 天井は・・・5%

ただし、足元や換気による直接の外気は
生活において不快ですが・・

窓は、快適な生活に最も影響を与えているはず。
冬場の窓にはビッシリ・・・結露そしてカビ
毎日これでは、たまりませんから。

中古住宅のリフォームも「窓」から・・ですね。