記事一覧

北入曽の家・・・型枠外し

型枠を外します。
これから基礎の外に一体で貼ってある
基礎断熱材を傷つけたり汚したりすることのないように
特殊モルタルを塗り、完成間際に再度仕上げのモルタル施工をしていきます。
アップロードファイル 1252-1.jpg

アップロードファイル 1252-2.jpg

アップロードファイル 1252-3.jpg

北入曽の家・・・基礎養生中

アップロードファイル 1251-3.jpg

基礎の養生中です。
アップロードファイル 1251-1.jpg

アップロードファイル 1251-2.jpg

$FilE3

北入曽の家・・・基礎コンクリートの打設

家造りの最初、そしてとっても大切な基礎を作る作業です。
立ち上がりの型枠からコンクリートを流し込み流れ出てきたコンクリートを
底盤部分に平らにならしていきます。
アップロードファイル 1248-1.jpg

アップロードファイル 1248-2.jpg

アップロードファイル 1248-3.jpg

アップロードファイル 1248-4.jpg
入り口にカタログと書籍が置いてあります。
いつでもご自由にどうぞ・・・
アップロードファイル 1248-5.jpg

北入曽の家・・・型枠完了

お盆休みの最終日、北入曽の家の現場では「型枠」が組み立てられました。
明日はこの型枠の中に
「コンクリート」を流し込む作業です。
アップロードファイル 1247-1.jpg アップロードファイル 1247-2.jpg
内部には床暖房用の温水パイプが見えていますが、明日にはコンクリートの中に埋設されています。

立ち上がりの型枠部分も床部分も一度にコンクリートを流し込むため「つなぎ目のない基礎」が出来上がります。

北入曽の家が出来るまで・・・先行配管・床暖房

基礎鉄筋の検査もとどこうりなく終わり、家全体をやさしく暖めてくれる工夫の一つ、
低温水蓄熱床暖房用の配管がされています。
1階のリビングだけとか、キッチンの一部などという普通の床暖房と異なり
すべてのスペースに温かさがいきわたる工夫です。

基礎の造り方にもそのための工夫が、計画換気も同じように・・・
基礎・断熱・気密・換気・これらがセットになって初めて「施工費も安く」「ランニングコストも安くて」健康によい床暖房が成り立っています。

熱源は「専用ヒートポンプ」
床暖房に必要な温水を割安な深夜電力を使ってヒートポンプで造ります。
アップロードファイル 1245-1.jpg