記事一覧

それでも新築するのなら・・・頭金ぐらいは用意して

家を建てるまたは購入する場合、少なくとも一定の頭金は
用意しておきたいものです。
持ち家取得に関しては、これは中古でも新築で変わりません。
考えてみてください。
頭金を一定金額・・・取得費の20%と仮に決めたとします。
川越周辺でローコスト建売の価格は土地建物付で2000~2500万円です。
諸費用などはチョッと省いてシンプルに計算すると
頭金20%は「400~500万円」となりますね。
仮に家を建てる・買う年齢を35才・子供の小学校に合わせて考えたとすると
結婚年齢は27~28才?
子供がすぐ生まれるとですが・・・
家賃を払いながら、7~8年で頭金相当を蓄えるとなると
年に60万円、月々5万円の定額預金を続けなければなりません。
子育て世代の家賃は7~10万円でしょうかね。
少なくとも12~15万円は、手取り収入から家に関するお金として
別に考え残りが生活費です。
川越の駅前ならともかく周囲の貸家で生活するには
車は欠かせません。
この車に関する費用も考えなければならないとすると
年間の所得特に手取り金額はいくら必要になるでしょうか。
親からの援助が一定金額あるのなら計画は変わってくるでしょうが
自力で求めるならば、いろいろ考えたほうがよさそうです。
特に
ローコストマイホームを購入するときに不動産業者の甘い言葉は
「今の家賃と同じで・・持ち家が持てます」
「いつまで自分のものにならない家賃を払い続けますか』とか。

頭金を貯めるという努力をしなくとも
『家賃=ローン返済』なら一定の所得があれば可能です。
建売の価格はこれが成り立つように土地の手当てと建築原価そして経費を
決めているものです。

30年ときは35年のローンを組む、その前に家そのものの寿命が尽きる、
昔の格言にもあります
「安物買いの銭失い」
そんなことにならないように余裕を持って持ち家計画を立ててください。

2014年も宜しくお願いします。

お正月休みも昨日まで、今日から仕事始めです。
消費税の問題が、どれだけ住宅業界に影響するのか・・・
都内などの防火規制のある場所では、12月から外部建具が認定された品物しか
使えなくなりました。

このサッシなどの金額差が膨大なので、前もって倉庫にストックして
対応しているといいます。
金額が倍以上になる、しかも種類が限られているので
設計事務所の好きなデザインの家は造れません。

この辺はとても難しい問題ですが、こうしたことで住宅価格が上がることだけは
確かで、消費税のアップよりも実はこちらのほうが都内では影響がありそうです。

今年は、住宅業界は新築よりも「再生住宅」が注目されるようになることでしょう。
質の良い家が中古になっても正当に評価されることで
新築でも安ければよいという風潮がなくなってくれるといいのですが。

今年はブログの内容を少し変えて見たいと思っています。
お楽しみに・・・

今年もお世話になりました。

明日から年末年始のお休みをいたします。

この1年お世話になった皆様に心より感謝いたします。
新年は、6日月曜日が仕事始めになります。
今年も残り少なくなりましたが、皆様お元気で新年をお迎えください。

年末・年始のお休み

今年も残り少なくなりました。
今年は例年に無く年末年始のお休みが多いとか・・・
私どもの年末年始のお休みをご案内いたします。

12月29日~1月 5日***

足立区谷在家の住まい・・・防水完了

毎日夕方に集中豪雨、昨日の夕方も川を渡ったらドドー・・・
前が見えなくなり、雷が鳴っている。
こんなとき防水が完了していない建築現場は気を使う。
なにしろ半端な雨量ではないから。
谷在家の現場は屋根完了、バルコニー防水完了、そしてサッシも収まり・・・防水シートも
取り付けられている。
こうなれば、安心して中の仕事を進めていける。
2階の床は無垢のフローリングが貼られ始めた。
お客様もこれから安心して家造りの現場を楽しむことが出来ると思う。
アップロードファイル 1226-1.jpg

アップロードファイル 1226-2.jpg