記事一覧

中古住宅購入して「再生」工事を・・・4

二階の広々としたリビングダイニング。
床材は無垢のオーク材・・・ブルースフロアーです。
屋根勾配に合わせて、『ラーチ合板』を貼った天井も高く、
この家の魅力になっている「ロートアイアン」の暖炉が。

アップロードファイル 2072-1.jpg

アップロードファイル 2072-2.jpg

川越の駅前に造っていたモデルハウスでも、オリジナルの
暖炉を設置してあったので、同じ作者に造ってもらって
設置しました。

・・・ページ・ワンの西田さんの作品です。
上記のキーワード検索で ホームページをご確認ください。

撮影時は、室内にカーテンがあり良く映っていませんが、
完成時に再度撮影してきます。

アップロードファイル 2072-3.jpg

アップロードファイル 2072-4.jpg
リビングダイニングと続くキッチンスペース。

アップロードファイル 2072-5.jpg
キッチン収納も十分なスペースです。

しかも・・・
その横には、広い収納スペースが・・・
玄関を通ることなく、パントリーに荷物を入れることが出来ます。

中古住宅購入して「再生」工事を・・・3

築年数が、同じように経っていても、
新築時の仕様設備の違いや、入居後のメンテナンスで
建物の状態は、全く違ってきます。

当たり前のことかもしれませんが、庭に雑草が
覆い茂っていたり、外観が汚れた状態の家は
室内や、設備も似たような状態です。

外が荒れていて、中だけ綺麗なんて、まずありませんから。

この現場は、前回紹介したように外は年数のわりに
サッシ廻り以外は綺麗でした。

二階が主な玄関なのでねそこから中を
見ていきます。

アップロードファイル 2070-1.jpg
玄関は親子扉、

アップロードファイル 2070-2.jpg
玄関ホール部分。

アップロードファイル 2070-3.jpg
階段の一部

床にも傷がなく、綺麗です。

中古住宅購入して「再生」工事を・・・2

平成3年9月に、完成した建物の再生・リフォームを
する前に、工事前の現況を撮影しました。

築27年、2x4工法で延坪50坪弱。
大きなお宅です。
設備も含めて、当時先端の仕様で作られています。
本物は、築年数が経っても色あせることはありません。

まずは、外観からご紹介。
アップロードファイル 2069-1.jpg

アップロードファイル 2069-2.jpg

アップロードファイル 2069-3.jpg

アップロードファイル 2069-4.jpg

アップロードファイル 2069-5.jpg

オリジナル暖炉の煙突が見えています。

計画換気も衣替え?

ここ数日、一気に涼しくなりました。
あの夏の猛暑が嘘みたいに・・・
まだ9月の中なのに、このまま秋から冬に向かって
季節が変わっていくのでしょうか。

そうであるなら、秋物に衣替えをしなくてはいけませんね。
衣服を入れ変えるのは、結構めんどくさいので
暫くは、夏バージョンで過ごします。

ところで、家の空気の衣替えは?
計画換気は、季節によって最適な換気システムになっていますか。

アップロードファイル 2068-1.jpg

四季に合わせて、自動的に換気の仕組みを変える
一種換気システムでは、この季節は
猛暑に合わせた換気の仕組みから
秋は、外気からホコリや汚れを取り除いて
心地よい秋の温度湿度を、室内に入れて
家の中の汚れた空気を、排出します。

中古住宅購入して「再生」工事を・・・1

当社が施工して
新築してから27年を迎えたお宅が
売りに出され、その家を購入した方と内装設備などを
一新する、打ち合わせが進んでいます。
アップロードファイル 2067-1.jpg

アップロードファイル 2067-2.jpg

建物の外観は、お手入れが良かったのか今でも綺麗です。
中はそれなりに、生活感があるので設備を中心に
近々、リニュアールしていくことになりました。

10年経てば、不動産としての価値がない??
まして27年もしたら・・・
そんなことはありません。

27年経った今でも、構造も含めてしっかりとしていますから。

アップロードファイル 2067-3.jpg
当社は、お客様の新築施工図面は、すべての保管してあります。

どこに何を使っているかも、よくわかります。