記事一覧

湖畔の家・・・工事は順調に

注文していた桧の集成階段も取り付けられ、二階への移動が楽になりました。
柱と梁を出来るだけ表す家造り、石膏ボードの色に同化しているので
今はあまり目立ちません。
桧や杉の床と腰板は壁天井が塗られると目立つことでしょう。

アップロードファイル 1264-1.jpg

アップロードファイル 1264-2.jpg

アップロードファイル 1264-3.jpg

アップロードファイル 1264-4.jpg

湖畔の家・・・多くの職人さんが作業中

住宅設備のうちユニットバスはすでに設置済み、今日はシステムキッチンが
取り付けられている。

和室周りでは大工さんが・・・
これからしばらくは、現場にはさまざまな職人が入って
にぎやかに作業が進んでいく。

アップロードファイル 1263-1.jpg

アップロードファイル 1263-2.jpg

アップロードファイル 1263-3.jpg

湖畔の家・・・化粧仕上げ

十分養生乾燥させてから『化粧材を鏝仕上げ』して
乾いたら汚れが付着しないように、付着しても雨水で落ちる『防汚コート材』を
全面に塗って完成です。

左官仕上げのひび割れの大半は『サッシ』のコーナーから。
アルミサッシの熱膨張が大きな原因ですが、ここは『樹脂サッシ』を
採用しているのでその心配はありません。

もちろん、サッシ取り付け部などの防水仕上げは完璧に・・・
アップロードファイル 1261-1.jpg

アップロードファイル 1261-2.jpg

アップロードファイル 1261-3.jpg

アップロードファイル 1261-4.jpg

湖畔の家・・・外壁仕上げ

乾式サイデングを外壁に使う家が大半になっている中で
時間も手間もかかる「左官」仕上げをしています。

サッシ周りの防水、モルタル下に使う防水紙も重ね貼りして、
下地モルタルを金網の上に塗ってから、二度目のモルタルを
ファイバーメッシュを埋め込みながら仕上げ。

アップロードファイル 1260-1.jpg

アップロードファイル 1260-2.jpg

アップロードファイル 1260-3.jpg

アップロードファイル 1260-4.jpg

湖畔の家・・・本物にこだわる

現在の家造りは便利になったもので、ありとあらゆるものが
商品となり、カタログで選ぶようになっている。

ほとんど見なくなった「式台」そして「上がり框」や階段もセットで●●万円、
もちろん取り付けは簡単に出来るように工夫されているから
職人さんにとって手間がかからずにすむ。

しかし、これを繰り返していくと形の不ぞろいな本物素材を
扱うことは出来なくなってしまう。

職人の経験が作り出す「腕」・・・
この現場はそれがふんだんに使われている。

式台、上がり框、巾木、階段、これらすべてが『国産の無垢桧材』
この家にあわせて選び抜かれ、造られていく。

傷をつけないように、養生用のシートも特殊なものを選んでいる。
現場造作の下駄箱収納・・・その下をあけてあるのは『シロアリ対策』と
収納スペースの確保のため。

アップロードファイル 1259-1.jpg

アップロードファイル 1259-2.jpg

アップロードファイル 1259-3.jpg

アップロードファイル 1259-4.jpg