記事一覧

基礎断熱・・・その断熱材は「シロアリ対策がされているの?」気になりますね。

アップロードファイル 1818-1.png

アップロードファイル 1818-2.jpg

アップロードファイル 1818-3.jpg

基礎断熱を採用している会社が少ない理由の一つに
基礎断熱材のシロアリ被害リスクがあるようです。

一般的な床断熱に使うグラスウールやロックウールは基礎断熱には
使えません。
多少高くなりますが「スタイロホーム」等は・・・これはシロアリにとって恰好の
エサになりますので使えません。
シロアリ対策が施された「断熱材」は
あります。
しかし、やはりコストは大幅にアップしてしまいます。

それでも、これを使って「基礎外断熱」をするとしても、まだまだ
解決しなければいけないいくつもの問題があります。

・基礎断熱材と基礎との間に「隙間を造ってはいけない」
 施工の仕組みで解決します。
・外断熱材と基礎の刷毛引き仕上げ(化粧仕上げ)も同様です。
 特殊な刷毛引き仕上げ材を使って対応します。
・それでも、シロアリに万一突破されたら・・・
 基礎の構造でシロアリが土台に到達できないようにします。
・シロアリは空気に直接さらされないように蟻道を造らないと行動できません。
 断熱材との隙間を上がってきても、外気に面するように基礎を造ります。
・シロアリ対策のキモは、定期的な点検と対策です。
 外周部を点検できる仕組みにします。
もちろん、まだまだやるべきことはあります。

なんだか、面倒くさいと思いませんか。
面倒なうえ、まだやらなければならないことがあるのです。
基礎断熱は床下は家の中・・・ということになるので
一般的な防蟻剤は危険なので使えません。
もちろん、シロアリ対策された加圧注入木材も「土台や大引き」に使えません。
まだまだありますが、これだけみても結構大変。
それでも、基礎外断熱を採用するそれだけのメリットはあるのでしょうか。
そのメリットに、納得できなければ「普通の基礎」にすることですね。

基礎外断熱+一体基礎+床下換気は計画換気で+床暖

家づくりのスタートは「基礎」から・・
ところで最近のデーターは知りませんが、
多くの家は、床下換気・通気を基礎パッキン等で確保しています。
その為、床下は外部空間となり、床断熱材を一階床材の下に挿入しています。

ところで一部業者の中には・・・当社も含むのですが。
「基礎断熱」を採用し「床下空間は室内同様』としている会社もあります。

この基礎断熱の採用比率は・・・6%程度とすくないようです。

アップロードファイル 1817-1.jpg
普通の基礎

アップロードファイル 1817-2.jpg
内外基礎断熱

なぜ少ないのか・・・施工コスト・施工の難しさ・防蟻処理の問題・換気・通気の確保は?
あると思われますが、何よりも基礎を変えることは
家づくりの在り方や考え方を、根本から見直すことにつながるだけでなく
施工業者の問題まで広がってしまうから、そんな面倒なことをするより
他と同じ基礎で十分と、考えているのが実情??かも
基礎断熱の採用で、家づくりがどのように変わるのか
改めて取り上げてみたいと思います。

例えば基礎断熱といっても、
基礎断熱材の設置場所によって「基礎外断熱」と「基礎内断熱」に分かれます。
また、内外断熱もレアケースですがあります。

基礎断熱・・・その断熱材は「シロアリ対策がされているの?」気になりますね。

地震に強い家・・「構造計算」をしませんか?

世界の地殻エネルギーの1/10が日本に集まっています。
恐ろしいことに阪神淡路大震災を初めとして活断層が活動期に入り
刻一刻と大地震の可能性が高まっている・・・・・といわれていた・・・
3/11大震災1000年に一度といわれる規模の地震が発生してしまいました。

今後、M8クラスの巨大地震が起きる可能性が
首都圏直下型地震も含めて指摘されています。
本当に怖いですね・・・

でも、どこにも行くところはありません、だからせめて地震が発生したときに
家族の命を守れる
そんな工夫をしておく必要があります。

3/11大震災では地震による被害、火事による被害などではなく、
巨大津波による被害がすさまじかったためあれだけの巨大地震でありながら
直接の地震被害の実態が見えません。
そこで、既に報告されている
阪神淡路大震災のデーターをご紹介します。

*『14分間の真実』****

神戸の監察医の調査によれば、阪神淡路大震災における死亡者の92%は、
地震直後14分間に生じた建物倒壊による、圧死・窒息死でした。
発生する時間帯も大きく影響します。
延焼もありますね。
小池都知事も言っている、「電柱の撤去・電線などのインフラの地下埋設」
また、家事に強い家造・・・なども。

この事実から学ぶことは、大地震に対する備えとして
まず何をおいても、建物が地震で倒壊しないようにすることだということになります。

『地震に強い家・・・構造計算から見えてくることとは』
当社の建物のすべては、「構造計算」をしたうえで造っています。

アップロードファイル 610-1.jpg

だから、例えば基礎が他の現場と比べて・・・やりすぎではと言われることもあります。

でも、やっていることは地震に強い家を造る・・・という観点から導かれた計算結果に基づいて
構造図面を作りそれを現場で作業する・・・ただそれだけなのです。

それで、安心して住める家が出来、家族の生命と財産を守れるのなら・・

今はやりすぎといわれても、それでもよいではありませんか。
アップロードファイル 610-2.jpg アップロードファイル 610-3.jpg

アップロードファイル 610-4.jpg アップロードファイル 610-5.jpg

・・・・・駄目ですかね。
それよりどうしたら安く出来るか工夫しろ・・・簡単です、普通の家づくりと同様に
構造計算をしなければよいのです。
それで、余分な鉄筋もコンクリートも木材も合板もすべて減らせます。

材料が少なくなる=職人の手間も安くなります。
でもコストを下げる安い家は、家族の命も安くする恐れがあります。
だから、やはり「安心できる家づくり」にとことんこだわります。

狭山市に「すずらん保育園」工事中・・外壁仕上げ

建物の外観イメージを決める、建物そのもののデザインはもちろん
外壁素材と色合いがあります。

小さなお子さんを、受け入れる保育園は
外から見たイメージが、何よりも大切です。

アップロードファイル 1816-1.jpg

アップロードファイル 1816-2.jpg

「すずらん保育園」は、明るいピンクで左官職人さんが鏝で
外壁を仕上げました。

木製玄関ドアを交換

三十年前に建てたお宅の玄関ドアを交換しました。
当時は、木造住宅専門で玄関ドアや引き戸は
建具職人が作ったものです。
木製のため、木材そのものが伸び縮みして
パネル部分に、隙間が発生しています。
補修で済ますことも出来るのですが
お客様は、まるまる玄関を直したい、それも
断熱気密性の良いものに・・・
アップロードファイル 1814-1.jpg


というわけで、現場を採寸。
その寸法に合わせて、工場に特注。
既存の建具屋枠材などを撤去して

さっそく取り付けしました。
作業時間は・・・6時間程度でした。
アップロードファイル 1814-2.jpg