記事一覧

中古か新築か・・あなたは何を基準に選びますか?

中古と新築・・どっちがいいかな?
新築と感じるのは、築何年ですか?
少なくとも、10年経てば新築とは呼ばないし
不動産の建物評価も、新築時の○○%。
建売住宅はもちろんだけど、中古の評価は
どこまでお金をかけたか・・・で評価されていないかも。

不動産の評価を決めているのは・・・その物件の存在する場所。
一に「ロケーション」二にも「ロケーション」・・・なんて言葉があるくらい。

アップロードファイル 173-1.jpg

屋根勾配を利用しては・・

建物の外観デザインにもよりますが、
多くの住宅には、屋根の傾斜具合「屋根勾配」が
あります。
ただしSH社のように、平らな屋根の住宅にはありませんね・・・

アップロードファイル 2115-1.jpg アップロードファイル 2115-2.jpg

アップロードファイル 2115-4.jpg

今回は
小屋裏収納ではなく
部屋に屋根の勾配にあわせて吹き抜け空間を造り、
その一部をロフトとして使用している事例です、

常設階段を作ればコストはかかりますが、使う頻度が高くなります。
費用を安く済ますなら
取り外しできる、ロフトタラップも面白いでしょう。

ひな人形・・どこに収納するの?

今日は『ひな祭り』
しかも、日曜日ですね。
私にも、二人の孫娘が札幌にいますが
マンションなので、お雛様も小ぶりだと思います。

一年の内、数日だけ飾るひな人形。
普段はどこに、収納していますか?
限られた広さ、貴重な収納スペースは、日常煩雑に
出し入れするものを中心に、使いたいもの。
一年に数日の、ひな人形は建物の構造を最大限生かした
「おまけの場所」にどうでしょうか。

例えば、
ツーバイフォー住宅の構造的な特徴を最大限に活かすなら
屋根裏の有効利用です。

屋根の形にもよりますが、木造などに比べて
簡単に広いスペースの確保が出来るので、
活用してみたい空間ですね。
アップロードファイル 2114-1.jpg アップロードファイル 2114-2.jpg

アップロードファイル 2114-3.jpg

省エネ住宅の小冊子より…8

一年中、換気システムは異なっても、フィルターによって
外気をクリーンにしてから、室内に導入する・・・これが大切なんだけど。
春とか秋
気候のさわやかなときは、第3種換気ですごし、
夏冬は湿度と熱を回収する、省エネルギー性能にすぐれた
全熱換気に切り替えれば、冷暖房に必要なエネルギーを少なくすることが出来る。

(夏の夜も外気温が27℃以下になれば自動的に3種換気に変わる)

しかし新築を考えている人の大半は、この換気システムの違いに
関心を持たないまま家を建てていると思われる。

ますますひどくなっていく外気の汚染。
札幌と東京、比べたらどっちの空気がきれいですか?
誰もが、札幌というかな。
ところがなんと、今日の札幌はPM2,5が基準を大幅に超えて、
札幌の上空を「北京の空」のように澱んでいるそうです。

子供たちには、外出を控えるようにと「注意喚起」されているとか。

北海道でさえ、こんな調子。
これからは、絶対前提条件だと思いませんか?
電力などのエネルギーを無駄にしない「エコハウス」に欠かせないのが
家全体の、今と未来を考慮した住まい造ではないでしょうか?

家の中にどのような空気の流れを造るのか、冷暖房はどうするのか、
空気がきれいで、室内の掃除も楽になる、もちろん光熱費も・・・

この全てを考えると、絶対に欠かせないのが
「計画換気システム」なのです。

アップロードファイル 2111-1.jpg アップロードファイル 2111-2.jpg
外気給気口         中のフィルター
アップロードファイル 2111-3.jpg
室内空気の排気

住まいは人の好みで決まる。

心地よい住まい・・・あなたの、こだわりはどこにありますか。
高断熱・高気密・耐震性能・健康や省エネ性能の
程度は異なりますが、優れているのは当たり前の時代です。

そうなると、外観や内装によって住まいは、イメージが変わり
その家の家族の心地よさにも、差が出てきそうですね。
私たちの家造は、
どちらかと言うと温かいイメージの家が多い。
でも、たまに「クール」なイメージの家に取り組むことがあります。

暖色系の色ではなく「無彩色」のグレーや黒、そして白色などのすっきりとした仕上げはとても心地よく感じるから不思議です。
素材や、色使い・・面白いですね。
アップロードファイル 2113-1.jpg アップロードファイル 2113-2.jpg

アップロードファイル 2113-3.jpg アップロードファイル 2113-4.jpg
時が過ぎてもあまり陳腐化しない家、
それは好みはともかくとして長持ちする条件のひとつでもあります。