記事一覧

「令和の時代」の家造り・ ・・地震の揺れに合わせた対策を

地震対策と言えば・・・「耐震性の高い」建物を。
これが、今では常識ですね。
地震で家が壊れて、命にかかわることを防ぐには
「ともかく壊れない家」を造る必要があるから。

でも、地震の揺れの伝わる順番から考えたら
地盤の補強や、丈夫な基礎はともかくとして、
「耐震」は一番最後ではありませんか。?

なぜなら、地震の揺れは地面から基礎へ伝わり
①基礎から建物へ、②建物全体に揺れが伝わり
③そして家のなかに住む人に。

だから、三段階で考えたら
「免震」で揺れの伝わりを減らし・・・基礎と土台部全面で減らす。
アップロードファイル 2168-1.gif

アップロードファイル 2168-2.jpg
木造住宅の制震テープ

アップロードファイル 2168-3.jpg
2x6工法の制震テープ

「制震」で揺れを吸収する・・・・建物の外部構造部全体で吸収する。
こうして、揺れを小さくしてから、建物で地震を受け止める。
揺れが減れば、恐怖心も少なくなり、家具などの
転倒も防げるし、余震の連続も怖くはないから。

費用さえ許せば・・・常識と真逆な対策をしても良いと思うのですが。

「令和の時代」の家造り・・大黒柱では無く。

木造住宅に存在していた太い「大黒柱」を
見かけることは少なくなりました。
こうした家造は、お金も時間もそして職人さんの
経験と技術が、求められます。

それだけに、施主の強いこだわりが反映されます。
地震などに対しては、「一家の大黒柱」が支える・・そんなイメージです。
アップロードファイル 2167-1.jpg アップロードファイル 2167-2.jpg
家の一部が強すぎては、建物は地震に弱いものです。

アップロードファイル 2167-3.jpg
今建てられている住宅の大半は、家族全部が力を合わせて
地震から家を守る、そんな構造になっています。

「耐震」は、耐力壁とその他の壁をバランスよく配置して。

「免震」は、免震ゴムを基礎と土台の間に、バランスよく取り付けて
       地震の揺れを、建物に「伝えない」ように受け止める。
「制震」は、建物の構造部にまんべんなく取り付けて、それらすべてで
       地震の揺れを「吸収」する。

一つで全て解決するのではなく、仕組みの一つ一つに役割を持たせ
地震の揺れを、吸収して安心できる家づくりを目指します。

「令和の時代」の家造り・・・免震とは

地震に耐える「耐震」は家造りの最低条件。
その最低条件を、満たすのに必須なことは
「強い地盤」と「頑丈な基礎」だと思います。

その地盤・基礎と建物の間に、免震装置を設置して
建物と地盤を切り離して、建物に地震の揺れを
「伝えない」構造です。
アップロードファイル 2166-1.jpg

アップロードファイル 2166-2.jpg

アップロードファイル 2166-3.jpg
当社のモデルハウスにも、この免震装置が設置してあります。
国道に面して、車の振動が直接影響する環境にもかかわらず、
外壁の割れや、煉瓦の落下などは発生していません。
アップロードファイル 2166-4.jpg

「令和の時代」の家造り・・・まずは「剛構造」に

「木造住宅に
当たり前だった「通し柱」がなくなってきました。

今の木造住宅は「剛構造」
建物を頑丈に造り、家全体をガッチリと「固定」して
地震に耐える仕組みです。
見てみると、
2x4・2x6」工法のように、壁は構造用合板を使って、
床も分厚い構造用合板になっています。

地震の時には、揺れを軽減するのではなく、
地面と一緒に揺れるので、家具などの
転倒に備える必要があります。

アップロードファイル 2165-1.gif

また、最初の大地震の衝撃に耐えても、繰り返す大きな余震によって
ダメージが重なり、住み続けられなくなることがあります。
そこで、耐震に加えて地震時に建物の揺れを「吸収」または
「伝えない」システムが、求められています。

「令和の時代」の家造り・・・備える

南海地震の発生が近いのでは?
その被害は・・・こんな怖い話題が取り上げられています。

今住んでいる家は、そんな地震に耐えられるのか。
正直起きてみなければ、判りません。

ただ、これから家を建てる人には、備えるチャンスはあります。
もちろん、やったからといって、絶対安心ということはありません。
でも、備えたかどうかで、結果がわかれるのも
事実ではないでしょうか❓

木造住宅、三階建ての基礎と、施工の様子をご紹介しています。
家を建てるときに・・・『耐震』 『制震』そして『免震』の
どれを選べば良いか迷うことはありませんか。

迷ったら「耐震・制震・免震」全部やる。
これが、この現場の答えです。

三階建ての住宅は「二階建て」の家と違って
「邸別構造計算」が必須です。
普通なら構造計算までは、求められていない・・・しかし、三階は必須。
おかしいよね。
差をつけずに、全部構造計算をしたらと思いますけど、
現実は違うのです。
命を守る家なら、構造計算をして材料も選び、図面に基づいて
施工と管理をすればいいだけなのに。

「耐震構造」
簡単に言うなら・・・地震の揺れに***「耐える」
基礎も構造も・・・構造計算と施工図面指示に基づいて進行します。
アップロードファイル 2164-1.jpg
床下は、家のなか扱い。計画換気のダクトスペース・床暖システムも。
アップロードファイル 2164-2.jpg

アップロードファイル 2164-3.jpg