パートナー建築事務所

エコハウス「スミカ」

お問合せ


通常の基礎だとベースと立ち上がりとを分けてコンクリートを打つので、コンクリートの継ぎ目がでてしまいます。
その継ぎ目から水や湿気や侵入し鉄筋を錆びさせてしまったり、打ち継ぎ部分にシロアリが集まり侵入する可能性があるので、パートナーでは新しい基礎工法として『一体打ち基礎工法』の採用を始めました。
基礎を打つ場所が決まり、基礎の形状に合わせて土を掘り返してゆく「根切り」という作業です。
基礎の立ち上がりを支えるフーチングの足場となる「砕石」を敷き詰め、突き固め、この後、外周部分に捨てコンクリートを打設していきます。
段違い型受け金物をコンクリートに固定し、鉄筋を組んでいきます。

型枠を組む段階で、基礎立ち上がり部分に断熱材を入れていきます(基礎断熱仕様の場合)。

※床暖房用のパイプを施工したところです。
鉄筋が組み終わったら、床暖房用の温水パイプを1階フロアー内全体に配管し、鉄骨に結束していきます。

外周部の内側、内部立ち上がり部分に型枠を組んで、コンクリートを流し込む準備が整いました。

型枠内にコンクリートが入り、土台を固定するためのアンカーボルトをしっかりと埋設します。
床暖房用のパイプもコンクリートの中に埋設してしまいます。

一体打ち基礎の為、立ち上がり部分からベース部分まで1回で打つので、継ぎ目のない強固な基礎が出来上がりました。

(構造編(1))


建築現場見学ご希望の方は下記にご記入の上、送信して下さい。

氏名

(必須)

住所

(必須)
(枝番・マンション名までご記入下さい)

E-mail

(必須)

TEL

(必須)
見学希望工程
建築予定地
建築予定時期 今すぐ 1年以内 2年以内 それ以上
計画内容 新築 建替 リフォーム
質問・相談

 


健康住宅専門店
エコハウス「スミカ」

株式会社パートナー建築事務所

〒350-1179 埼玉県川越市かし野台2丁目3-9
0120-810-26 TEL:049-241-8107 FAX:049-241-8108