パートナー建築事務所

エコハウス「スミカ」

お問合せ



HOME

子供たちが明るく安心に暮らせる愛情たっぷりの30代の輸入住宅 こだわりの自然素材ダブル断熱の家


土地探しからお手伝いした、こだわり30代の家づくり。お子様に安心な高断熱・自然素材の家。
 子供の成長にともない賃貸マンションが少し手狭になってきた。冬場の窓の結露でカーテンが汚れたり湿気でビニールクロスが汚れたり、そんな悩みがない子供たちが安心して元気に過ごせる家を考えています。
   はじめてお会いした時、ご家族を大切にしている30代のご家族という印象でした。窓は高性能樹脂ペアガラスと輸入サッシアンダーセンを使用、外断熱+発泡断熱のダブル断熱の2×6工法。本当の高気密・高断熱住宅では、計画換気や使用する部材が大切です。無垢材のパイン材や無垢のドア、自然素材の塗装や塗り壁など、体に害がない部材を標準化していますので安心して過ごしていただきたい、それが願いです。
 日当たり良好なプランを考え窓の多い多面的なデザインを採用しました。またオープンな吹抜けを設け、子供の成長を応援するような空間をつくりました。玄関脇のシューズクロゼットはベビーカーや三輪車など収納でき大変喜ばれたスペースになりました。リビングから2階へいく階段もこだわりのプランの1つです。
Standby [ 1/ 30 ]

(C) Script byMiyake_kobo.

英国アンティークレンガを採用した輸入住宅。
デザインもシンプルにまとめています。
ロートアイアンの門や枕木のアプローチ。
植栽の成長が楽しみです。
勉強部屋に行く、楽しい食事、お昼寝の時間。
このスペースよりスタートします。リビング階段で子育て楽々。

生活のベンチマークとしてのリビング階段は幅広設計で安心の広さ。こだわりの手摺がスケルトンなので解放感があります。
お友達や親戚の方が来ても安心なダイニングスペース。対面キッチンにてティータイムも楽々です。大きくなるまでここでお勉強しようね。
1階リビング・ダイニング・キッチンと2階の部屋に光差し込む吹抜けと天窓。
バルコニーに行くキャットウォークもお洒落です。

多角形にすることで窓の多い明るいデザインにしました。室内は台形カウンターの書斎兼子供たちの本の読み聞かせコーナー、上部は広々バルコニーになっています。
大人の書斎、日頃は子供たちの本の読み聞かせや図工スペース。
宿題が出るようになったらいっっしょにやろうね。
玄関のひさしをR(アーチ)形の壁にしました。
お客様のこだわりの形です。

ちょっとした駐輪スペースの一部に花が咲いているます。
癒しのスペースも大切ですね。
シューズクロゼットがあるので玄関スペース広々。
コーナーにアンティークのイスを置いてみました。ブーツを履くときに大変便利です。
高さが2m40cmのガラス入りリビングドアを職人さんにつくってもらいました。
玄関ホールも明るくなりました。

日本には季節感を表現する行事が多数あります。
日頃は洗濯物をたたんだり、子供が昼寝をしたり、多目的に使用してください。
トップライトやFIX窓、光を差し込む窓には色々な形があります。
適材適所で選びましょう。
玄関ホール壁にステンドグラスを埋め込みました、裏は和室になります。ステンドグラスの色が入った光は、家族の「ただいま」「おかえり」を伝える為の大切な役割になっています。
「自分の作品を自宅に使用したい」ご要望受けたまわります。

小物をしまうのに便利なスライド収納。
腰をおろすに最適な高さ設定しております。
毎日触るところだから、ドアノブをこだわりました。
1つのパーツですが全体的なインテリアに影響してきますので、とても大切な部分だと思います。
小さいお子様が勉強部屋として使用するのは、小学校高学年の場合が多いようです。
広い部屋を後で仕切る場合、コンセントやスイッチを最初に考慮して設計しましょう。家も家族も一緒に成長していきます。

英国の築80年〜100年以上の建物レンガを外壁に使用しています。
川越本社モデルにも使用しもう10年以上たちますが古さを感じさせません。
窓枠(ケーシング)が美しい、大工さんと塗装やさんが丁寧に施工いたします。
アンダーセンの窓は人気があり、木部のあたたかみがあります。
吊り戸棚のない対面キッチンが開放的で人気です。
お洒落な照明が家事の手元を照らします。

広い角度から光が入るように、多角形に窓を配置しました。
朝から夕方までリビング・ダイニング・キッチンに光が差し込みます。
 建物のイメージを左右する照明器具。玄関灯は1番人目につく場所です。
輸入住宅にあう灯りが付いています。
リビング階段や吹きぬけ、床下収納付きの和室などリビング・ダイニング・キッチンには色々な表情があります。

洗濯物や布団を干すとき、奥行きのあるバルコニーだと楽です。
時にはエアコンの室外機など置く場合もありますので、実質有効スペースを考えておきましょう。
切妻屋根の下のサークルトップ窓が輸入住宅のデザインにあいます。
小屋裏収納のあかり窓として使用してます、窓はバランスよく配置することが大切です。
晴れた日に布団を干して、あたたかい布団で眠る幸せ。
タンスなどお持ちの方は和室に板の間をプランニングしておきましょう。

小屋裏収納スペースは何かと重宝です。小屋裏の収納物を守る断熱材も大切です。
自然素材の家は築年数が経つにつれ、あじわいがでます。愛着が湧いてくるようです。
吹抜けを見上げると手摺が見えます。室内とバルコニーを結ぶ橋のように設計しました。
家族のコミュニケーションを助けるスペースになればと思っております。


健康住宅専門店
エコハウス「スミカ」

株式会社パートナー建築事務所

〒350-1179 埼玉県川越市かし野台2丁目3-9
0120-8107-26 TEL:049-241-8107 FAX:049-241-8108


 Copyright (C) (株)パートナー建築事務所/当サイトの無断転載を禁止します。