パートナー建築事務所

エコハウス「スミカ」

お問合せ



HOME

家族のコミュニケーションを温かく育む二世帯同居の家。シンプルなデザインにも気品あふれる住まい。

東京都 Y邸(夫婦+子供)

W断熱+地熱利用の家
全てにおいて徹底的にこだわった渾身の住まい
 そのこだわりはデザイン、性能のみならず設備やタイル一枚にも、打ち合わせの合間にありとあらゆるショールームに足を運ばれた熱心さには脱帽です。
 断熱気密も建物を外側からすっぽりと包み込む「外断熱工法」に内断熱を加えたW(ダブル)断熱。
 すぐれた気密性・断熱性に、安定した温熱環境の地熱を利用し省エネで快適な暮らしを実現させました。
Standby [ 1/ 17 ]

(C) Script byMiyake_kobo.
 パートナー建築事務所さんとの出会いは、会長の榎本さんが書いた『解体新居』と言う本を目にした事が始まりでした。それまで色んなショールームを見たり、住宅関連のコンサルティングを受けたりして勉強していましたが、本に書かれてる内容に興味が湧き、一度展示場を覗いてみようと思い所沢の住宅展示場に足を運びました。
 自分たちの考えているイメージとは、少し違うデザインの展示場でしたが、ひとつひとつの素材が住む人の健康を意識した選び方がされていて、デザインは自由設計で私たちの考えているイメージに対応してもらえそうな話なので検討してみる事にしました。
 具体的な設計作業に入る前に幾つかの現場を見させてもらいましたがその中で忘れもしません。完成後の引渡し直前の建物を見せて頂いた時のビックリ体験でした。一昨年の夏の暑い盛りの時にその建物に入ると、エアコンで冷えているのかと思うほどの涼しさで、思わずエアコンが作動してるんですかと聞いたところ、引渡し前で未だエアコンは設置されていません、地熱を利用していますのでその効果ですとの回答にパートナーさんなら自分たちの希望する住宅が建ててもらえると確信いたしました。
 おかげさまで快適な住まいにしていただけました。

外観1
道路と敷地の高低差を生かしてインナーガレージと2階寝室との間に天井高1400o、16畳の収納を確保しました。
外観2
外壁の塗り壁も切り返しの塗りパーターンをあえて同色で変えるなど、さりげなくお洒落に仕上げました。
外観3
デザインと採光も考えた斜めの壁に大開口のスライドサッシを配し上部のバルコニーをお洒落に仕上げました。

アプローチ
玄関に続くアプローチの階段には、足もと灯がつき安全でとてもお洒落な空間になりました。
リビング
なんと言ってもその広さと大きい吹き抜け空間は開放感に溢れています。
リビング
リビングとダイニングに面した掃きだし窓にスライド式のサッシを採用しました。開け放てば広いお庭が一望できます。

リビング
リビング横に配した小さな畳コーナーですが、ごろ寝もよし、奥様の家事コーナーにもよしの便利な空間です。
ダイニング
お気に入りの大きなテーブルもゆったり置ける広々スペースに、お子様のお勉強コーナーにも。
キッチン
奥様が一番こだわられたスペース、システムキッチンから調理器具、床タイルにいたるまで奥様のこだわりでいっぱいです。

キッチン
料理が大好きな奥様は、あえてオール電化にこだわらずガステーブルとガスオーブンを選択されました。衣類乾燥機もガスの選択です。奥様には妥協はありませんでした。
階段手摺
リビングから上がる階段はありがちな化粧手摺を避け飾り棚を設けてみました。
飾り棚
可愛い小物に思わず心が安らぎます。

パウダーコーナー
洗面ボール、水栓、ミラーまで全てご夫婦がショールームで探してこられたお気に入りの品々です。
二階ホール
二階ホールからリビングを覗くと寝室側の壁にガラスブロックが。色と模様と配置までご夫婦でこだわりました。
太陽光発電
使用状態が解る表示パネルが節電のお手伝い?使用してる電気量と売電量が人目でわかるので、節電意識が高まるそうです。光熱費0(ゼロ)住宅まっしぐらだそうです。

子供部屋に続く廊下の窓
お子様の小さい頃の思い出のお人形、今でも家族を見守っています。

お庭を望むと、その広さにビックリします、たまに高校生のお嬢様のお友達がおおぜいでバーベキューパーティーとかやられてるようです。
 


健康住宅専門店
エコハウス「スミカ」

株式会社パートナー建築事務所

〒350-1179 埼玉県川越市かし野台2丁目3-9
0120-8107-26 TEL:049-241-8107 FAX:049-241-8108


 Copyright (C) (株)パートナー建築事務所/当サイトの無断転載を禁止します。